図書・資料

図書・資料

図書の収集と公開

東南アジア出身の大学院生向けの図書館利用講習

図書館本館

  東南アジア地域研究研究所図書室は、1965年の開室以来、東南アジア及びその相関地域に関係する専門書を中心に、約27万冊の資料を所蔵しています(2018年3月現在)。うち、東南アジア諸言語資料の所蔵数は、約95,000冊と国内第1位を誇ります。1983年からジャカルタとバンコクの連絡事務所を拠点に、東南アジア地域で刊行された資料を組織的に収集し、また、京都大学大型コレクション(2011年、2014・2015年、2017年採択)や文科省共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」プログラムの中の東南アジア関連史資料のアジア・ハブ強化をめざす国際共同研究を活用して、新聞、雑誌、公文書等の地域刊行物をマイクロ資料、電子リソース媒体で充実させてきました。
  本図書室は、文科省共同利用・共同研究拠点施設として、東南アジア及びその相関地域研究に関わる資料を提供して、国内外の研究者の活動を支えるとともに、東南アジア諸国の大学院留学生向けに図書館や学内電子リソース利用の講習を行っています。また、アジア経済研究所図書館・立命館大学図書館と相互利用制度を結び、他機関所属研究者に直接貸出を実施しています。
  附置研究所図書館として、国内外の大学・研究機関図書館とも積極的な交流活動を行っており、1986年以降、主に東南アジア諸国から図書館員・文献学研究者を招へい研究員として受入れ、その学術研究を支援しています。近年では、JSTさくらサイエンス交流事業等を通じて東南アジア諸国の図書館員を招へいし、国内の大学・研究機関図書館と連携して日本の学術情報基盤環境を視察する短期研修を行っています。また、国内外の東南アジア研究拠点機関の研究者・図書館員と協働し、「東南アジア逐次刊行物データベース」の開発を進めています。

東南アジア諸言語図書特別コレクション

  • ・ チャラット・コレクション(タイ、約9,000冊)
  • ・ 石井米雄コレクション(東南アジア、約15,000冊)
  • ・ フォロンダ・コレクション(フィリピン、約7,000冊)
  • ・ オカンポ・コレクション(フィリピン、約 1,000冊)
  • ・ インドネシア・イスラーム・コレクション(インドネシア、約 2,000冊)

東南アジア地域研究研究所
図書室

地図・航空写真の所蔵と公開

  地図・資料室は、東南アジア地域を中心とした地図資料を主に所蔵し、その多くを一般に広く公開しています。資料は、各種地図、航空写真、2000年にハワイ大学East-West Centerから移管された人類生態研究ファイル(Human Ecology File)などからなります。なかでも地図は、人間活動-社会-環境の影響関係と相互作用を研究する際に、分野を問わず基礎となる研究資源です。地図・資料室は、貴重な価値をもつ資料の共有化を広く進めるべきという信念のもと、資料のデジタル化にもとづく新しい利用方法も追究しています。

地図コレクション

・ 地図 約46,000枚

航空写真

・ 航空・人工衛星写真 約12,000

地図室

データベース

  本研究所が所蔵するデータベースには、東南アジアを中心に世界の諸地域を対象とした、先駆的に収集された貴重資料、研究基盤をなす地図・画像・統計資料等のほか、地域研究の視点を加えて構築された実験的データベースが含まれます。情報学の手法・考え方を応用しながら、個別データの集積としてだけでなく、知恵・知識の集積としてのデータベース構築を進め、それにより新しい地域研究の進展に貢献する。

地域情報学の構築

https://ciras.cseas.kyoto-u.ac.jp/databases/kouchiku/

資料・データベース一覧

https://ciras.cseas.kyoto-u.ac.jp/databases/shiryou/

専門家や一般利用者にも使えるものとして設計されているもの

  • ・ 災害対応の地域研究関連データベース
  • ・ ポスト社会主義諸国選挙・政党データベース
  • ・ 大陸部東南アジアの寺院・出家行動データベース
  • ・ 斑鳩の記憶データベース

 

世界的に貴重な資料をデジタル化により共有化するもの

  • ・ マレー・イスラム雑誌記事データベース
  • ・ 「トルキスタン集成」データベース
  • ・ 『三印法典』データベース
  • ・ 『貝葉文書にみる民族間関係』データベース
  • ・ 英国議会資料関連データベース

 

個人研究者が収集・蓄積した研究資料を元に、個人研究者の経験や思索の体系化と可視化を試みるもの

  • ・ フィールド・データベース
  • ・ 東南アジア地域研究史資料集成データベース

 

映画・ポスター・建築
人々が日常生活の中で見聞きしたり利用したりすることで人々の行動や考え方に影響を与えているものの、従来の研究では十分に利用されてこなかった形態の情報データベース

  • ・ 映像データベース
  • ・ ポスター・絵はがきデータベース
  • ・ アジア建築データベース

 

中国・東アジア現代史

  • ・ 『北京特別市公署市政公報』目次検索データベース(1938~1944年)
  • ・ 上海租界工部局警務処文書件名索引データベース(1894~1949年)
  • ・ スタンフォード大学フーヴァー研究所中国関係アーカイブ件名索引データベース
  • ・ モンゴル(人民共和)国科学アカデミー刊行人文社会系学術定期刊行物記事索引データベース
  • ・ 20世紀年表データベース(1918~1952年)

システム・ツール

https://ciras.cseas.kyoto-u.ac.jp/databases/system/

作成支援、統合検索、可視化・分析のためのシステム・ツール

  • ・ 地域研究情報基盤
        > Myデータベース
        > 地域研究資源共有化データベース
        > 時空間情報処理ツール
  • ・ オントロジーデータベース(試行版)
  • ・ 地図データベース(試行版)

情報処理室

  本研究所は東南アジアを中心に関連する地域研究機関・研究者と連携・協働する共同プロジェクトも多いことが特徴です。そのため情報処理室は、単なる所内情報基盤整備・管理運用にとどまらず、研究活動に参画したり、国内外のフィールドに赴いて新たな基盤構築を行うなど、積極的なICT利活用を推進しています。

最新技術を利用したサービスの展開

  統合型クラウドサービス G Suite for Education(YouTubeによる動画配信含む)、コンテンツ管理型ウェブシステムWordPress、新着情報のSNSへの自動配信システムを基軸に据えた組織的な情報発信システムの構築を一手に担っています。また、研究(支援)活動および海外とのコミュニケーションをより円滑に実施できるよう、Google Drive File Stream、Google Team Drive 等チーム利用を前提としたクラウドストレージ、クラウド型テレビ会議システム Google Meet Hangouts の利用、Googleクラウドサービスと電子黒板を連携した電子黒板のデータ共有システムの確立など、クラウドを基軸としたウェブサイトや動画情報の発信、活動支援サービスを推し進める取り組みを進めています。

社会貢献

Google Product Experts Summit 2018 アメリカでの日本チーム(Googleプロダクトエキスパートと Google社員)

  情報処理室は、さまざまな情報処理に関するサービスを利用しているだけでなく、そのコミュニティ活動も支援しています。情報処理室長は、Googleクラウドサービス「Gmail」「Chrome」「G Suite」のGoogleプロダクトエキスパートとして、それらのコミュニティを先導し、その活動を通じて同サービスの発展に寄与しています。また、世界のコンテンツ管理システムの 59.7%、ウェブサイトの32.7%*のシェアを誇るWordPress については、コミュニティを支える勉強会、セミナーでの技術的な発表やその運営、大きなイベントであるWordCamp Kyoto 2017、 WordCamp Osaka 2018の運営、プラグインの開発と公式リポジトリでの公開を通じて、オープンソースコミュニティの発展に寄与しています。
  このように情報処理室は、導入したシステムの単なる利用に留まらず、その利活用情報の発信や関連コミュニティのサポート、特に多言語表示についての提言等を積極的に行い、システム改善や大学でのクラウド利用の先駆者として寄与しています。

* W3Techs.com, 27 December 2018:
https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all より

情報処理室