新着情報

甲山治准教授の「”夫婦二人三脚+4人”で繋がる!」が男女共同参画推進センターHPのコラム「イクメンたちのライフワークバランス」に掲載されました!

“夫婦二人三脚+4人”で繋がる!


CSEAS男女共同参画推進の主な活動

■ジェンダー・セミナーの開催

毎年以下の2つのセミナーを開催しています。

Seminar on Gender Issues in Academia
世界各地のジェンダー状況や研究教育機関における男女共同参画推進に関する情報共有のためにゲスト・スピーカーを迎えて実施する国際セミナー

Special Seminar: Frontiers of Gender Studies in Asia
アジア各地のジェンダー研究の最前線に触れるためにゲスト・スピーカーを迎えて実施する国際セミナー

■託児サービスの提供

・研究所主催行事の際の託児室の設置

・共同研究会などの際のシッター派遣支援 ⇨ 詳細(お問い合わせはこちらへ)

■休憩スペース、キッズ・スペースの整備

・妊娠・子育て中などのスタッフが利用できる休憩スペース、キッズ・スペースの整備

■スタッフの公募における女性の応募の推奨

CSEASアクション・プラン

男女共同参画推進アクション・プラン(2015年度~2020年度)

*本アクション・プランは2021年度までに延長された

京都大学 CSEASの推進目標
Ⅰ.3つの重点目標プラン
1.女性リーダーの育成 ●常勤・非常勤を問わずあらゆる人事の公募・選考にあたって、同等の資格・能力と判断した場合は所内のジェンダー・バランスを考慮する。
●当研究所では、2018年9月1日現在定員内教員32名中7名が女性(教授3名・准教授2名、助教2名)で21.9%であり、特定教員及び非常勤職員・研究員も含む全体では99名中女性57名で57.6%である。再配置定員など本部からのインセンティブがあれば、2020年に女性比率を定員内教員30~40%に、全体では50%以上を維持することを目標とする。
●外部研究者に加わっていただく各種委員会については、ジェンダーバランスを考慮したメンバー構成とする。
2.家庭生活との両立支援 ●教職員の適切な勤務時間管理を推進する。出産・育児や介護など、家庭での責任を考慮し、産休・育休等制度の利用を奨励する。また、育児・介護中等の教職員が参加する会議・行事等の開催時間や形態について配慮し、必要な会議や行事に安心して参加できるよう、保育・休息に適した空間の整備と提供(ただし、安全等の確保は、教職員本人の責任の下で行う)や、会議・研究会出席のための保育サポートを実現させる。
●育児や介護等の責任をもつ教職員の勤務形態や所内で必要な施設・設備に対するニーズの把握に継続的に努める。
3.次世代育成支援 ●高大連携および地域連携の事業、動画配信などを通じて、次世代にとって魅力ある京大像についての情報提供を推進する。
●若手女性研究者のキャリアパスを支援するために組織として取り組む。
Ⅱ.男女共同参画に向けての基盤整備と推進体制の拡充
1.男女共同参画の視点にたった教育・研究および就業の確立 ●同等の資格・能力と判断した場合は所内のジェンダー・バランスを考慮する。
●2020年に定員内女性教員比率を30~40%とすることを目標とする。
●外部研究者に参加していただく各種委員会については、ジェンダーバランスを考慮したメンバー構成とする。
2.男女共同参画に資する教育・学習・研究の充実 ●教職員に対する男女共同参画についての学習機会を提供する。
3.ハラスメントに対する啓発活動ならびにハラスメント対応体制の整備 ●研究所としてあらゆるハラスメント行為について厳しく対応していくことを明示する。
4.教職員・学生への広報・啓発活動の推進 ●男女共同参画についてのセミナーやシンポジウムを通じた教職員への広報・啓発を推進する。
5.男女共同参画推進本部・推進センタ―を軸にした男女共同参画推進体制の整備・拡充 ●男女共同参画推進本部との連携により男女共同参画推進センタ―事業の機能的推進に貢献する。
6.男女共同参画に向けた国内的および国際的な連携の拡充 ●国際化に向けた外国人研究者を対象にした研究と家庭生活との両立支援の拡充。
   

京都大学男女共同参画について

京都大学男女共同参画アクション・プラン

多目的休憩スペース

東棟1階ユーティリティ・ルーム内に
多目的休憩スペース(畳部屋)があります。
東棟開館中は自由に使えます。

❖ カーテンを閉めて、休憩・授乳などのためにソファや洗面台を使うことができます。
❖ 小さなお子さん向けの絵本やCDが備えてあります。
❖ 部屋には空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を完備しています。
❖ 東棟1階のトイレにはおむつ交換台があります。

CSEASジェンダー・セミナー


2019年5月27日開催
エチオピアの高等教育機関:ジェンダー視点からの考察
報告者:アイナレム・メゲルサ(アディスアベバ大学)

2018年11月26日開催
マラヤ大学(マレーシア・クアラルンプール)のジェンダー研究プログラムの発展と成長
報告者:シャンティ・タンビャー(マラヤ大学人文社会科学部 准教授)

***
コメンテーター:
マリオ・ロペズ(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)
吉永直子(京都大学大学院農学研究科)

モデレーター:
小泉順子(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)

2017年11月13日開催
情熱を超えて:インドネシア学術界におけるジェンダー研究の推進と女性参加の向上についての若手女性研究者による回想
報告者:クルニアワティ・ハストゥティ・デウィ (インドネシア科学院 (LIPI) 主任研究員)

***
コメンテーター:
古澤拓郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 准教授、フィールドワーカー家族ケアサポートグループ長)
王 柳蘭(同志社大学グローバル地域文化学部 准教授)

モデレーター:
帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)

2017年2月14日開催
セクシズムの打破:学術界における女性
報告者:チャリダポーン・ソンサムファン(タマサート大学 政治学部 准教授)

***
モデレーター:
設楽成実(京都大学東南アジア地域研究研究所 助教)

2017年1月26日開催
常に主流化をはかるも主流とならず:学術界におけるフェミニスト
報告者:シルビア・エストラーダ・クラウディオ(フィリピン大学 社会福祉地域社会開発学部 女性と開発研究学科長)

***
コメンテーター:一言英文(京都大学こころの未来研究センター 教授)

モデレーター:
設楽成実(京都大学東南アジア地域研究研究所 助教)


2019年12月9日開催
ソヴィエト朝鮮語新聞における可視的/不可視的高麗人女性
報告者:ゲルマン・キム(アル=ファーラービー・カザフ国立大学/カザフスタン、建国大学校/韓国)
■報告内容 英語 (PDF)
■報告内容 日本語 (PDF)

ウズベキスタン映画における女性像
報告者:ニゴラ・カリモヴァ(科学アカデミー芸術学研究所/ウズベキスタン)

***
コメンテーター:
李 眞恵(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 特任研究員)
帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)

モデレーター:
設楽成実(京都大学東南アジア地域研究研究所 助教)

2018年11月27日開催
東南アジアにおけるジェンダー:流動性・せめぎ合い・交渉可能性  
報告者:シャンティ・タンビャー(マラヤ大学人文社会科学部 准教授)

***
コメンテーター:
藤倉達郎・中村沙絵(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

モデレーター:
帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)

2018年2月2日開催
死儀礼をクィアする:南部ベトナムにおけるトランスジェンダー葬儀パフォーマーの文化的レガシー・アイデンティティ・権利  
報告者:グエン・ティ・トゥ・フォン(ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学/ベトナム)

前現代的な両性具有から現代的なジェンダー・バイナリーへ:タイにおける半植民地主義とジェンダー構築
報告者:ピーター・A・ジャクソン(オーストラリア国立大学 教授/京都大学東南アジア地域研究研究所 招へい研究員)    

***
コメンテーター:
加藤敦典(京都産業大学)
ピヤダー ションラオーン (天理大学)   

モデレーター:
帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)

2017年11月14日開催
インドネシアにおける女性のリーダーシップに関する研究:知識の源泉・新たなナラティブ・既存の限界としての女性(2005~2017年)  
報告者:クルニアワティ・ハストゥティ・デウィ (インドネシア科学院 (LIPI) 主任研究員)

***
コメンテーター:
速水洋子(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)
後藤絵美(東京大学日本・アジアに関する教育研究ネットワークおよび東洋文化研究所 准教授)  

モデレーター: 
ハウ・カロライン (京都大学 東南アジア地域研究研究所 教授)


紹介されました!

コラム「イクメンたちのライフワークバランス」(男女共同参画推進センター)
甲山治准教授

コラム「女性研究者の生き方─研究者になる!」(男女共同参画推進センター ニュースレター『たちばな』)
押川文子名誉教授
速水洋子教授
西芳実准教授
帯谷知可准教授

コラム「第一線で活躍する研究者たち」(男女共同参画推進センター 『未来に繋がる青いリボンのエトセトラ』)
帯谷知可准教授

リンク集

京都大学男女共同参画推進センタ
京都大学の男女共同参画支援制度
京都大学女性教員懇話会
ASAFAS フィールドワーカー 子育て・介護サポート
FENICS (Fieldworker’s Experimental Network for Interdisciplinary Communicasions)
人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会 (GEAHSS: Gender Equality Association for Humanities and Social Sciences)
京都市男女共同参画センター ウィングス京都
京都市男女共同参画推進協会 ジェンダーハンドブック
京都府国際センター [多言語生活相談](日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)
京都市『きょうと多文化子育てハンドブック』(日本語・英語・中国語)
京都市『国民健康保険の手引き』(日本語・英語・中国語・韓国語)
京都市『児童手当パンフレット』(日本語・英語・中国語・韓国語)
京都市『子ども医療費支給制度のご案内』(日本語・英語・中国語・韓国語)
京都市国際交流協会『kokoka子育て応援BOOK』(日本語・英語)
京都市 多言語版リーフレット「夫婦や恋人間の暴力に悩んでいるあなたへ」(日・英・中・韓・タイ・ベトナム・タガログ)

© 2021 CSEAS Gender Equality Promotion Committee