EVENTS

オンラインで世界を旅しよう!(市民・児童向け地域理解ワークショップ)

市民・児童向けのイベントを研究者と俳優らの協働で開催します。フィールドで出会う驚きや自己変容に市民や児童がどれだけ近づくことが可能か、地域の文脈を再構築する演劇手法を用いて実験を行うワークショップです。トリップ1~5はオンライン実施で全国からご参加が可能です。

オンラインで世界を旅しよう! 2021 地球たんけんたい⑩


京都から配信!  さまざまな世界の「当たり前」を体験しよう。動物や森や世界の見方が、もっと広がるかもしれません。ロールプレイ、民話、創作活動など、ZOOMを使って楽しい体験をするワークショップです。

トリップ① 10月31日(日)雲の上の幸福の国で宝物を探そう!(ブータン)
世界で一番「幸福な国」と言われるブータンの、宝物や幸せのヒミツを探そう!

トリップ② 11月21日(日)アフリカの森の精霊に会いに行こう!(カメルーンのバカ・ピグミー)さまざまな動植物を知り、狩猟採集民の民話を聴き、精霊を探そう!
トリップ③   12月12日(日)アンデスの世界・神殿のひみつ
南米アンデスの魅力を体験!古代神殿のヒミツを皆で解いてみよう!

トリップ④ 12月26日(日)思いやり社会のイスラーム(中東と東南アジア)
世界の18億人が信じるイスラームの世界をロールプレイで体験。

トリップ⑤   2022年1月30日(日)動物になってみよう!(カナダ先住民クリンギット)
神話を聴き、カナダ先住民クリンギットのように動物になってみよう!
 トリップ⑥ 2022年3月6日(日)【大人向け】動物になってみよう!(カナダ先住民クリンギット)対面実施の予定ですが、状況に応じてオンラインに切り替える可能性があります。

●対象 トリップ1~5は小学2年生~6年生   各回8家族  当日保護者の方にご一緒に参加いただき、PC,スマホ、タブレット等でZOOMへの接続や画面操作など協力をいただける方を募集します。PCの場合、カメラ・マイクでの映像音声入力が必要です。
トリップ6は18歳以上のどなたでも  各回8名
●時間 午前の部10:30~12:30(10:20より入室OK)
    午後の部14:30~16:30(14:20より入室OK)
●場所 ZOOM によるオンライン
●参加費:無料
●申し込み先 HPからお申込みください➡ http://manalabo.org
manalabomail@gmail.com  でも受け付けます。
下記をお知らせ下さい。
1. 参加者のお名前(ふりがな)、学年、学校名、トリップ番号/午前/午後のご希望
2 保護者連絡先:携帯電話、メールアドレス
3. 参加者が興味を持っていること、ご要望、ご質問など。定員に達し次第締切らせて頂きます。
〇お問い合わせは 080-5331-3279

<キャスト>☆人類学・地域研究トリップ1 坂本龍太(京都大学)、小林舞(京都大学)トリップ2 大石高典(東京外国語大学)、園田浩司(京都大学)、田中文菜(京都大学)、矢野原佑史(京都大学)トリップ3 関雄二(国立民族学博物館)トリップ4 長岡慎介(京都大学)トリップ5&6 山口未花子(北海道大学)、飯塚宜子(京都大学)
☆パフォーマー / ファシリテーター
弓井茉那(俳優・BEBERICA)、渡邉裕史(俳優)、渡辺美帆子(俳優)、中谷和代(俳優・ソノノチ)、松岡咲子(俳優)、山口惠子(俳優・BRDG)、園田浩司(京都大学)
☆音響  矢野原祐史(京都大学)

●主催
・マナラボ環境と平和の学びデザイン(京都府大学連携環境学習プログラム実施事業)
・日本学術振興会科学研究費基盤研究(C)「フィールドの共創的な再現:差異と類似をめぐる教育実践から構築する公共的な人類学」
・京都大学東南アジア地域研究研究所共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」(IPCR)共同研究「パフォーマンスによる「地域の知」の再構築-教育への応用に関する共同研究」
後援
京都市教育委員会、NPO法人平和環境もやいネット
協力
京都大学東南アジア地域研究研究所、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、国立民族学博物館、地域研究コンソーシアム
 ※話し手はやむを得ない事情により、交代することがあります。ファシリ―テータ―はトリップにより交代します。
※ ご希望の方には、事前に接続確認を行う日を設けます。確認日はトリップ1:10月24日  トリップ2:11月14日、トリップ3:12月12日、トリップ4:12月19日、トリップ5:1月23日(事前接続確認予備日:開催前日)