小林 知 | 東南アジア地域研究研究所

小林 知

職名: 准教授

MAIL: kobasa [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

相関地域研究部門

専門分野

地域研究、人類学

研究関心

・東南アジア大陸部における宗教と地域の時空間分析
・カンボジア農村における生業と生活の多様性に関する文理融合的研究
・ポスト紛争社会における公共圏の形成




    わたしはもともと、宗教と社会の関係性を探究することに関心をもっていました。1990年代末から研究対象としてきた東南アジア大陸部のタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、中国雲南省の一部、ベトナム領メコンデルタには、上座仏教を信仰する人びとが多く居住しています。最近10年余りは、この地域の宗教と社会の動態を明らかにすることを目指して、カンボジアの寺院などで施設と僧侶のデータを定量的なかたちで収集し、それを地域の時空間のなかに位置づけて、分析する作業を行っています。 わたしはまた、アジア農村の将来を考える研究にも関心をもっています。そのため、カンボジアの農村地域の生業の変化を、特にその多様性のあり方に着目して、20世紀初頭から現在までの時間軸で検討しています。カンボジアの農村地域では、人々が稲作、畑作、漁業、森林産物収集といった多様な生計手段を多角的に組みあわせて生活をしています。ローカルな自然資源の管理の伝統や、国家の政策、グローバル化する経済との影響関係などを念頭に、カンボジア農村の人々ひとりひとりが過去に選択してきた行動と、いま直面している問題を綿密に検証することから、アジア農村の将来像について理解を深めます。 さらに、わたしは、紛争終結以後のカンボジアにおける「公共性」「公共の価値」「公論」の所在・性質・形成過程を、紛争後に再整備された国家機構・制度とコミュニティにおける人びとの生活の関わりの視点から明らかにすることにも関心を寄せています。世界には、カンボジアの他にも、紛争を経験した社会が多く存在します。それらの地域における「公共性」をめぐる状況と比較することで、希望に満ちた生活の実現が21世紀の人間社会においていかに可能なのかを検討します。

  • Kobayashi Satoru. 2018. “Diversity and Vulnerability: Do recent changes cause a loss of resilience of rural livelihoods in Cambodia?” A paper presented at the international conference “Southeast Asian Studies in Asia 2017”, held at Chulalongkorn University, Thailand on December 18, 2017.
  • Kobayashi Satoru, Hayashi Yukio, Sasagawa Hideo, Takahashi Miwa eds. 2017. Mapping Buddhist Cultures among Theravadin in Time and Splace. Center for Integrated Area Studies, Kyoto University: Phnom Penh, Cambodia.
  • 小林知. 2017. 「重なり合う村落と都市」『東南アジア地域研究入門2 社会』山本信人監修・宮原曉編、慶応大学出版会.
  • 小林知. 2013. 「カンボジア農村における仏教施設の種類と形成過程」『東南アジア研究』51(1).
  • 小林知. 2011.『カンボジア村落世界の再生』(地域研究叢書23)京都大学学術出版会.

  • 科学研究費補助金「変容する生業とコネクティビティからみたカンボジア農村社会の生存基盤に関する研究」(基盤B、海外学術、2015-2017、代表者)
  • 科学研究費補助金「カンボジア仏教の再生と変容に関する総合的研究: ヒト・モノ・カネの移動と制度の再編」(若手B、2009-12、代表者)
  • 科学研究費補助金「東南アジアにおける社会革命と社会的結合の変化・持続: カンボジア農村を中心として」(若手研究スタートアップ、2007-8、代表者)
  • Grants-in-Aid for Scientific Research “Exploring Sustainable Humanosphere in Rural Cambodia through Interdisciplinary Research on Changing Connectivity and Livelihoods” (Scientific Research B, 2015-2017, Principal researcher)
  • Grants-in-Aid for Scientific Research “A Comprehensive Study of Rebirth and Transformation of Cambodian Buddhism: Flows of Specialists, Objects, and Money and Reformations of religious policies” (Young Scientists B, 2009-2012, Principal researcher)
  • Grants-in-Aid for Scientific Research “Impact of Social Revolution toward Changes and Persistence of Social Bonds: A Case Study in the post-socialist rural Cambodia” (Young Scientists for Start-up, 2007-2008, Principal researcher)