NEWS

在日フィリピン大使館およびフィリピン大学同窓会がCSEASを公式訪問しました (2022年6月17日)

2022.07.06

2022年6月17日、在日フィリピン大使館と在日フィリピン大学同窓会(UPAA-J)の代表団が、CSEASを公式訪問した。両機関の代表団をCSEASが受け入れるのは今回が初めてである。

大使館からは、ホセ・C・ラウレル駐日フィリピン大使、ヴォルテール・マウリシオ駐大阪総領事、メリー・ジョイ・ラミレス一等書記官が出席した。 UPAA-Jからは、大野拓司会長一行が出席した。 また、キース・ニールソン・ペナド会長率いるKAPS(Kyoto Association of Pinoy Scholars=フィリピン人研究者京都協会)の役員も出席した。

この会合は、日本とフィリピンの長きにわたる実り多き関係、特にCSEASにおけるフィリピン研究の発展と振興を記念するために開催された。  当研究所からは、三重野所長、河野京都大学副学長、石川副所長、岡本副所長が出席した。 また、フィリピンの研究・教育に携わっているCSEASの教員・研究員11名が出席した。

三重野所長、そして並木香奈美研究員とともにこの会合を準備し、司会も務めたジュリウス・バウティスタ准教授が、CSEASにおける長年にわたるフィリピン関連の研究活動について説明を行った。 会談では、CSEASの教員がそれぞれの研究、教育、共同活動について、大使館やUPAA-Jからの出席者たちと意見交換を行った。 

ラウレル大使より、フィリピンの文化に関する重要な書籍がCSEAS図書館に寄贈された。 その中には、フィリピンの国民的英雄であるホセ・リサール博士の生誕161周年を記念し、近年出版された彼の生涯を描いたコミックも含まれている。 CSEASでの会談後、三重野所長、河野副学長は大使に同行し、湊長博京都大学総長と会談を行った。

ジュリウス・バウティスタ准教授

(着席:左から右へ)ヴォルテール・D・マウリシオ総領事、三重野文晴所長、ホセ・C・ラウレル大使、河野泰之副学長、大野拓司UPAA-J会長。
(立席)大使館職員、UPAA-J幹部、CSEAS教員・研究員一同

代表団を歓迎する三重野所長の演説