所長あいさつ

  2017年1月1日付で、東南アジア研究所と地域研究統合情報センターは統合し、東南アジア地域研究研究所として再出発しました。これまで両部局を支えてくださったみなさまにあらためてお礼申しあげます。
 世界は大きく動いています。グローバル化の進行が政治や経済のしくみを再編しつつあります。ICTを中心とする科学技術の進歩にはめざましいものがあります。同時に、地球環境の不安定化や少子高齢化、紛争やテロ、新興感染症など、人類社会の基盤を揺るがしかねないリスクにも直面しています。新研究所では、人類社会のより健全で持続的な成長に貢献するために、50年を超える東南アジアに関する総合的研究の成果と世界諸地域を対象とした地域情報の蓄積、アカデミズムを超えた研究の拡がりを統合し、これまで以上に幅広い研究分野の協力を得て、フィールドからの発想、多様な地域社会の活力を導き出す構想、自然環境と調和した人類社会を目指す展望を、世界にむけて発信、提言してゆきたいと考えています。
 東南アジア地域研究研究所は、教員35 名、客員研究員やポスドク研究員約70名、研究支援スタッフを合わせると150 名を超える大所帯となります。全員で力を合わせて前進してゆきたいと思います。みなさ
まには、なにとぞ、これまで以上のお力添えをいただきますよう、心よりお願い申しあげます。

京都大学東南アジア地域研究研究所
所長 河野 泰之

研究所について