安藤 和雄 | 東南アジア地域研究研究所

安藤 和雄

職名: 教授

MAIL: ando [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

相関地域研究部門

専門分野

熱帯農学、農村開発、地域研究

研究関心

・バングラデシュ、ブータン、ミャンマー、インド東北部、ラオスで括られる地域のベンガルや東南アジアとの地域比較
・アジアと日本の農業・農村開発に関する相互啓発的ネットワークによる新たな農村開発アプローチの構築
・「在地の自覚」「当事者性」「直観的理解」をキーワードにしたフィールドワーク、文理融合に実践を加えた実践型地域研究方法の開発




    ブータン、ミャンマーにおける「在地の技術」に関する調査研究を行った。ブータンにおいては落葉広葉樹林であるソクシンの水田での落ち葉利用、ミャンマーにおいては水田でケツヅアズキの二毛作について調査し、いづれも研究会で発表している。これらの技術を記録発表は従来あまりされてこなかったので学術的意義は高い。 ヤンゴン、プノンペンにおいて、GNHと持続的な農業・農村開発、環境問題に関し、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、カンボジア、日本の研究者を招へいし、国際ワークショップを開催し、ネットワーク構築と、大学が直接普及活動や農村開発に実践的にかかわる方法の意義を確認できた。 ILASのブータンでの京大学生のフィールド講義、COCや一まち一キャンパス事業などによる宮津市や南丹市美山町における、ミャンマー、ブータン、ラオス、中国、香港、韓国からの学生たちによる参加型農村調査手法、グローバル生存学展開ユニットでのレジオネラ菌に関する医学・農学・地理学のバングラデシュ、ミャンマーでの融合研究、滋賀県守山市美崎における大川活用プロジェクトでの市民・大学参加型地域開発手法などを実践型地域研究方法として開発している。

  • 安藤 和雄, Food security and socio-economic impacts of soil salinization in the central dry zone of Myanmar: a case study,, J.of Agroforestry and Environment,11,1.2,149-154, 2017/12, 有
  • 安藤 和雄, Challenges of Field Medicine from Japan to The “Himalaya Model of Lifestyle-Related Diseases”, Himalayan Study Monographs,18,80-86, 2017, 有
  • 安藤 和雄, Detection of Legionella Species from Rainwater on Roads in Bhutan, Himalayan Study Monographs,18,205-215, 2017, 有
  • 安藤 和雄, Challenges of Field Medicine from Japan to The “Himalaya Model of Lifestyle-Related Diseseases”, Himalayan Study Monographs,18,72-79, 2017, 有
  • 安藤 和雄, Depopulation and Abandoning Farming Problem as Global Issue: Myanmar Member of Parliament and Scholars’ Comparative Experience in Japan, Winter 2016, Tropical Agriculture and Development,10,83-84, 2017, 有
  • 奥宮清人・坂本龍太・石本恭子・木村友美・福富江利子・石川元直・諏訪邦明・今井必生・陳玟玲・加藤恵美子・中塚晶博・笠原順子・藤澤道子・和田泰三・Hongxin Wang・Qingxiang Dai・Huining Xu・Haisheng Qiao・Ri-Li Ge・Tsering Norboo・Norboo Tsering・小坂泰之・野瀬光弘・山口哲由・月原敏博・安藤和雄・稲村哲也・竹田晋也・石根昌幸・大塚邦明・松林公蔵, チベット高所住民における低酸素と耐糖能異常-「糖尿病アクセル仮説」の検証に関するReview-, ヒマラヤ学誌,17,85-102, 2016, 有, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 安藤 和雄, Glucose intolerance associated with hypoxia in people living at high altitudes in the Tibetan highland, BMJ Open.,6,2,1-16, 2016, 有, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 安藤 和雄, Assessment of water quality as affected by herbicide application in rice field of Bangladesh, Tropical Agriculture and Development,10,63-64, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Livelihood Problems and Cultural Adaptation in Southern Chin Village under Recent Economic Change in Myanmar, Tropical Agriculture and Development,10,65-66, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Coping strategies adopted by the rice farmers in the coastal area of Bangladesh, Fundam Appl Agric,1,3,161-166, 2016, 有, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 安藤 和雄, Coastal Salinity in Ayeyarwady Region, Myanmar: A case study of the salinity impact on rice production in Pyapon Township, Ayeyarwady, Region/Paper Collection of Unknown Contemporary Issues for Sustainable Environmental and Rural Development in Myanmar: Highlighting Collaboration with Bangladesh, Bhutan and Japan,15-25, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Learning from CHAT toward overcoming the environmental and developmental problems of global modernism, Paper Collection of Unknown Contemporary Issues for Sustainable Environmental and Rural Development in Myanmar: Highlighting Collaboration with Bangladesh, Bhutan and Japan東南アジア研究所実践型地域研究推進室,9-14, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Potential and Necessity of Establishment of Strong Academic Collaboration among Myanmar, Bangladesh and Bhutan, Region/Paper Collection of Unknown Contemporary Issues for Sustainable Environmental and Rural Development in Myanmar: Highlighting Collaboration with Bangladesh, Bhutan and Japan 東南アジア,147-152, 2016, 有
  • 安藤 和雄, バングラデシュにおける自然災害に対する防災・減災の経験知とその有効活用に関するアクション・リサーチー生存基盤科学における地域研究の適用ー, 生存基盤科学研究ユニット 平成26-27年度 研究成果報告書,17-19, 2016, 有
  • 安藤 和雄, 実践哲学を基礎とした東ブータンにおける相互啓発実践型地域研究の試み―京都大学国際交流科目「ブータンの農村に学ぶ発展の在り方: 現地スタディーツアー 2015 年度報告集―」, ヒマラヤ学誌,16,39-76, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Effects of Household Characteristics on Homegarden Characteristics in Kalaroa Upazila, Satkhira District, Bangladesh., Small-sacale Forestry,15,4,443-461, 2016, 有
  • 安藤 和雄, Home Gardening for biodiversity conservation in Kalaroa Upazila of Satkhira District, Bangladesh,, Tropical Agriculture and Development,60,4,205-215, 2016, 有