紺屋あかり | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

紺屋 あかり

konya cseas.kyoto-u.ac.jp

部門・職位

相関地域研究部門 連携助教

専門

研究分野 / キーワード

ボイシングの人類学:西太平洋島嶼パラオにおけることばと行為





研究概要

ボイシングの人類学:西太平洋島嶼パラオにおけることばと行為

本研究は、グローバリゼーションの状況下において母国語衰退危機にあるミクロネシアの
パラオを対象に、口頭伝承の継承と実践をめぐる変遷過程について、通算23ヶ月にわたるフィールドワークを通じた参与観察から明らかにするものである。「一人の老人が亡くなれば村の歴史の半分が消える」と言われ、国民国家形成期以降からローカルーナショナルレベルで口頭伝承のテクスト化作業がすすめられてきた。しかし、それら文書は、国会や裁判、あるいは村落政治の場においてそれほどの効力を持っていない。人々は語られる声とことばにのみ応答している。現代のパラオ社会におけるボイシング(voicing) とは何か、テクストはなぜ力を持たないのか。
本研究は、このボイシングという人々によることばの行為に着目することで、従来の口頭伝承論、ないしは、オーラリティ研究における、(1)文字文化との対比的捉え方、(2)近代化論における文化変遷の解釈、を乗り越え、当該社会における相互行為としてのボイシング、ないしはテクスト化も包含したボイシングの実践として位置づけ直す試みである。

外部資金獲得(日本学術振興会・科学研究補助金)

種別 テーマ 期間 代表/分担
基盤研究(B) 南洋地理学の系譜と現代地誌・地域研究への意義 2019 – 2021 分担
若手研究(B) 西太平洋島嶼パラオの口頭伝承の採集・分析・アーカイブをめぐるオーラリティ研究 2017 – 2019 代表