町北朋洋 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

町北 朋洋

職名: 准教授

MAIL: machi [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

グローバル生存基盤部門

専門分野

労働経済学、産業発展論

研究関心

● 企業間のマッチング、国際生産網形成と技術移転
● 途上国・新興国の交通事故
● 移民・外国人労働
● 職業・企業訓練と労働市場




    東アジア・東南アジアで、近年の産業発展の原因と帰結を研究し、経済発展への理解を深めるため、その外的環境である先進国やその国の社会経済環境との関係も視野に入れながら、労働経済学を中心に、国際経済学、都市経済学、産業組織論、開発経済学の方法論を取り入れた分野横断的なアプローチによって実証研究を行っている。それは、大きく分けて以下の二つに分類できる。

    第一に、東南アジアでの産業・企業の技術移転に関する研究である。そこでは、国際生産網の一部を構成する東南アジアに立地する製造業企業の企業間取引についての個票ネットワークデータを長期間にわたって作成し、企業レベルの新製品開発や改善型技術革新だけでなく、企業の技術および経営能力向上と国際生産網の形成、そして企業間の技術移転がどのような論理に従うか、その構造を研究している。

    第二に、日本における外国人労働力を中心とした労働市場の研究である。外国人労働者の導入は日本にとって産業高度化への転換を遅らせる要因となった一方で、国内にある労働集約的産業やその国内生産網の海外流出を抑える効果を持ったといったトレードオフがあることを明らかにしてきた。『日本の外国人労働力-経済学からの検証』(共著)で、2009年に第52回日経・経済図書文化賞を受賞した。また、製造業のグローバル化の進行が非正規雇用の進行にどの程度の影響をもつか、失業保険給付の変化が失業期間や再就職にどういった影響をもつかについても研究を進めている。

    こうした東南アジアの産業発展研究、日本の労働市場研究を相対化し、経済発展論に位置づけるため、20世紀初頭の日本を対象とした企業成長についての共同研究、そして現在のエチオピアを対象とした職業訓練についての共同研究も進めてきた。最近では、産業発展と雇用環境、物流コストにまたがる問題のひとつとして、タイにおけるトラック運送業の交通事故と生産性に関する実証研究に取り組み、契約理論的な観点から配送効率と安全性のトレードオフを改善する雇用契約のあり方について検討を始めた。本研究は都市化とモータリゼーションが急速に進んできたアジアにおける社会的課題の考察に直結している。

英文での研究業績はこちら

 

  • 国際生産網形成の中の技術移転
  • 途上国・新興国の運送業の交通事故と生産性
  • 地域雇用の非正規化と外国人労働力の導入(科研費基盤研究(C) 19K01710)
  • アフリカにおける職業訓練と若年失業(科研費基盤研究(B)18H00857、福西隆弘との共同研究)

  • 個人ホームページはこちら.
  • 一橋大学経済研究所にて2004年4月から2006年3月まで研究に従事。その後、アジア経済研究所の新領域研究センターと開発研究センターにて、2006年4月から2019年5月まで研究と開発スクールでの教育に従事。途中、2012年5月から2014年5月までデンマークのコペンハーゲン・ビジネススクールと米国のスタンフォード大学に研究滞在。2019年6月より現職。