中口 義次 | 東南アジア地域研究研究所

中口 義次

nakaguchi

職名: 連携准教授

MAIL: naka1973 [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

グローバル生存基盤研究部門

専門分野

食品微生物学、感染症学

研究関心

・東南アジアで流行する下痢症の地域感染症研究
・世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究
・伝統食品の現代化によって新たに生じた健康リスクの原因究明




ハノイ(ベトナム)の路上で売られる魚介類

世界規模での食のグローバル化により、日本への輸入食品が増大する一方で、それに対する安全性対策は追いついていない。最近の統計資料によると、食料自給率はカロリーベースで40%を下回り、生産額ベースでも60%後半に留まっている。そのような中で、輸入食品による事件は大きく報道され、日本国民の大きな関心事となっている。また周辺を海で囲まれた日本は水産資源に恵まれているが、様々な問題からその自給率は大きく低下している。これらの状況下であっても、輸入食品の安全性に関する知見は限定的であり、広く一般消費者に対して、食品の安全性を担保する情報の整備は急務の課題と考える。そのような背景から、輸入魚介類がもたらす細菌性食中毒のリスクに着目し、それによる健康被害を未然に防ぐ対策へと繋げることを構想している。

  • Premarathne J. M. K. J. K., New, C. Y., Ubong, A., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M., Radu, S. “Risk of Escherichia coli O157:H7 infection linked to the consumption of beef” Food Reasearch, 1(3): 67-76. 2017.
  • Thung T.Y., Mahyudin N. A., Basri D.F., Wan Mohamed Radzi C. W., Nakaguchi Y., Nishibuchi M., Radu S. “Prevalence and antibiotic resistance of Salmonella Enteritidis and Salmonella Typhimurium in raw chicken meat at retail markets in Malaysia” Polutry Science, 95(8):1888-1893. 2016.
  • Premarathne J. M. K. J. K., Satharasinghe, D.A., Huat J.T., Basri, D.F., Rukayadi, Y., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M., Radu, S., “Impact of human Campylobacter infections in South-East Asia: the contribution of the poultry sector” Critical Reviews in Food Science and Nutrition, , 57(18): 3971-3986. 2016.
  • Escalante-Maldonado O., Kayali A.Y., Yamazaki W., Vuddhakul V., Nakaguchi Y., Nishibuchi M. “Improvement of the quantitation method for the tdh (+) Vibrio parahaemolyticus in molluscan shellfish based on most-probable-number, immunomagnetic separation, and loop-mediated isothermal amplification” Frontiers in Microbiology, 6:270. doi: 10.3389/fmicb.2015.00270. 2015.
  • Kayali, A. Y., Escalante-Maldonado, O., Vuddhakul, V., Seto, K., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M. “Development of a Method for Detection of Shigatoxin-Producing Escherichia coli Belonging to Clinically Important Twelve O Serotypes Based on the Combination of Pickpen-Assisted Immunomagnetic Separation and Loop-Mediated Isothermal Amplification” International Journal of Immunology and Immunotherapy, 2(1): 1-7, 2015.
  • Nakaguchi, Y. “Contamination by Vibrio parahaemolyticus and Its Virulent Strains in Seafood Marketed in Thailand, Vietnam, Malaysia, and Indonesia” Tropical Medicine and Health 41(3):95-102. 2013.
  • Nakaguchi, Y. “The relationship between salt concentration and contamination by Vibrio parahaemolyticus and standard plate count bacteria of fermented squid” Japanese Journal Food Microbiology. 29(4): 230-233. 2012

 

  • 古くて新しい現代の塩蔵食品に潜む食中毒リスクの評価と微生物制御法の提案 (基盤研究(C)、2017-2019、研究代表者)
  • 食のグローバル化時代における魚介類の安全性確保と食中毒菌の疫学情報の先進的利用 (若手研究(A)、2013-2016、研究代表者)
  • 伝統食品の現代化が期せずして招いた食中毒リスクの原因究明 (挑戦的萌芽研究、2014-2015、研究代表者)
  • 塩蔵食品の低塩化がもたらした健康リスクの原因究明 (挑戦的萌芽研究、2012、研究代表者)
  • 腸炎ビブリオ病原性菌株の定量法の開発とフィールドでの魚介類検査への応用 (若手研究(B)、2009-2010、研究代表者)