中口 義次 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

中口 義次

naka1973 cseas.kyoto-u.ac.jp

部門・職位

環境共生研究部門 連携准教授

専門

食品微生物学、感染症学

研究分野 / キーワード

世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究





研究概要

世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究

 「食」、「感染症」、「地域」をキーワードとして以下のような研究活動を展開している。まず、「東南アジアで流行する下痢症とフィールドワークを融合した地域感染症学」については、タイ、インドネシア、ベトナム及びマレーシアのフィールドで腸管感染症の原因菌と食品の関係について実験室レベルでの遺伝子解析と社会科学的な視点でのフィールドワークを通してそれらの関係を紐解く研究を展開している。次に、「世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究」については、近年、世界的に健康志向を背景とした魚介類の生産及び消費拡大を受けて、魚介類の生食とそれにより引き起こされる感染症が注目されている。そこで、世界規模で拡大する魚介類の生食習慣と腸炎ビブリオ感染症の関係を統計資料、遺伝学的な実験及びフィールドワークを通してグローバルな視点で研究を展開している。

外部資金獲得(日本学術振興会・科学研究補助金)

種別 テーマ 期間 代表/分担
基盤研究(C) 古くて新しい現代の塩蔵食品に潜む食中毒リスクの評価と微生物制御法の提案 2017 – 2019 代表
若手研究(A) 食のグローバル化時代における魚介類の安全性確保と食中毒菌の疫学情報の先進的利用 2013 – 2016 代表