中口 義次 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

中口 義次

nakaguchi

職名: 連携准教授

MAIL: naka1973 [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

環境共生研究部門

専門分野

食品微生物学、感染症学

研究関心

・世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究




世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究
 「食」、「感染症」、「地域」をキーワードとして以下のような研究活動を展開している。まず、「東南アジアで流行する下痢症とフィールドワークを融合した地域感染症学」については、タイ、インドネシア、ベトナム及びマレーシアのフィールドで腸管感染症の原因菌と食品の関係について実験室レベルでの遺伝子解析と社会科学的な視点でのフィールドワークを通してそれらの関係を紐解く研究を展開している。次に、「世界的に拡大する魚介類の生食習慣により重要となる腸管感染症研究」については、近年、世界的に健康志向を背景とした魚介類の生産及び消費拡大を受けて、魚介類の生食とそれにより引き起こされる感染症が注目されている。そこで、世界規模で拡大する魚介類の生食習慣と腸炎ビブリオ感染症の関係を統計資料、遺伝学的な実験及びフィールドワークを通してグローバルな視点で研究を展開している。

  • Premarathne J. M. K. J. K., New, C. Y., Ubong, A., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M., Radu, S. “Risk of Escherichia coli O157:H7 infection linked to the consumption of beef” Food Reasearch, 1(3): 67-76. 2017.
  • Thung T.Y., Mahyudin N. A., Basri D.F., Wan Mohamed Radzi C. W., Nakaguchi Y., Nishibuchi M., Radu S. “Prevalence and antibiotic resistance of Salmonella Enteritidis and Salmonella Typhimurium in raw chicken meat at retail markets in Malaysia” Polutry Science, 95(8):1888-1893. 2016.
  • Premarathne J. M. K. J. K., Satharasinghe, D.A., Huat J.T., Basri, D.F., Rukayadi, Y., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M., Radu, S., “Impact of human Campylobacter infections in South-East Asia: the contribution of the poultry sector” Critical Reviews in Food Science and Nutrition, , 57(18): 3971-3986. 2016.
  • Escalante-Maldonado O., Kayali A.Y., Yamazaki W., Vuddhakul V., Nakaguchi Y., Nishibuchi M. “Improvement of the quantitation method for the tdh (+) Vibrio parahaemolyticus in molluscan shellfish based on most-probable-number, immunomagnetic separation, and loop-mediated isothermal amplification” Frontiers in Microbiology, 6:270. doi: 10.3389/fmicb.2015.00270. 2015.
  • Kayali, A. Y., Escalante-Maldonado, O., Vuddhakul, V., Seto, K., Nakaguchi, Y., Nishibuchi, M. “Development of a Method for Detection of Shigatoxin-Producing Escherichia coli Belonging to Clinically Important Twelve O Serotypes Based on the Combination of Pickpen-Assisted Immunomagnetic Separation and Loop-Mediated Isothermal Amplification” International Journal of Immunology and Immunotherapy, 2(1): 1-7, 2015.
  • Nakaguchi, Y. “Contamination by Vibrio parahaemolyticus and Its Virulent Strains in Seafood Marketed in Thailand, Vietnam, Malaysia, and Indonesia” Tropical Medicine and Health 41(3):95-102. 2013.
  • Nakaguchi, Y. “The relationship between salt concentration and contamination by Vibrio parahaemolyticus and standard plate count bacteria of fermented squid” Japanese Journal Food Microbiology. 29(4): 230-233. 2012

 

  • 古くて新しい現代の塩蔵食品に潜む食中毒リスクの評価と微生物制御法の提案 (基盤研究(C)、2017-2019、研究代表者)
  • 食のグローバル化時代における魚介類の安全性確保と食中毒菌の疫学情報の先進的利用 (若手研究(A)、2013-2016、研究代表者)
  • 伝統食品の現代化が期せずして招いた食中毒リスクの原因究明 (挑戦的萌芽研究、2014-2015、研究代表者)
  • 塩蔵食品の低塩化がもたらした健康リスクの原因究明 (挑戦的萌芽研究、2012、研究代表者)
  • 腸炎ビブリオ病原性菌株の定量法の開発とフィールドでの魚介類検査への応用 (若手研究(B)、2009-2010、研究代表者)