御田成顕 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

御田 成顕

部門・職位

環境共生研究部門 連携講師

専門

研究分野 / キーワード

泥炭荒廃地におけるアグロフォレストリー成立条件の解明





研究概要

泥炭荒廃地におけるアグロフォレストリー成立条件の解明

乾燥化され地力を失い荒廃した泥炭湿地は火災の発生源となっており,その予防と修復が求められる。そこで,土壌の乾燥を防ぎつつ地域住民の生計を維持する土地利用であるアグロフォレストリーの成立条件と泥炭荒廃地の活用を通じた泥炭火災予防策の検討を行う。

外部資金獲得(日本学術振興会・科学研究補助金)

種別 テーマ 期間 代表/分担
基盤研究(A) 東南アジア熱帯低湿地火災への多面的アプローチによる熱帯低湿地学の構築 2019 – 2022 分担
基盤研究(B) 全国スケールにおける熱帯林保全政策の評価:ミャンマー・ カンボジアを対象として 2019 – 2022 分担
若手研究 日本における盗伐発生要因の検討と森林犯罪研究の再興 2019 – 2021 代表
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)) 熱帯泥炭地域の森林火災発生メカニズム解明と生態系リスク・ マネジメントの共創 2019 – 2022 分担
基盤研究(C) 参加型アプローチの可能性と制約:ジャワの森林コンフリクトを通した検証 2015 – 2017 分担