柳澤 雅之 | 東南アジア地域研究研究所

柳澤 雅之

職名: 准教授

MAIL: masa [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

環境共生研究部門

専門分野

東南アジア生態史、ベトナム地域研究、熱帯農学

研究関心

東南アジア生態史、ベトナム村落生業史




インドネシア・中カリマンタン州の河川下流域では、くの字形に折れ曲った独特の形状を持つ長刀(タジャック)を用いて草を薙ぎ倒し、水稲の移植準備を進める。

東南アジア生態史
    東南アジアの人びとの生業体系は生態環境と密接な関係をもって構築されてきたのは事実だが、個人やその集積としての集団が生態環境とどのように相互作用をもっているのかという視点だけでは、現在の人と自然の関係を理解することはできない。生態環境を利用するための現在の社会経済制度やインフラ整備とその歴史的な蓄積が国や地域によって異なり、国・地域によって生態環境の利用のしやすさ/しにくさの基盤が異なるからである。現代における人と自然の関係を、生態環境基盤の利用可能性から理解すると同時に、それを長期の生態史の中に位置づけること試みている。

ベトナム村落生業史
    一般に強固な村落結合をもつとされるベトナム村落社会は、第二次大戦後、急激な社会主義化、度重なる戦争、市場経済メカニズムの導入、経済発展という激動の時代を経てきた。この過程で、村人にとって、村落結合の強さは、時には外部の大きな変動から村の生活を守る役割を果たし、時には、大きな変化への対応に足かせとなったりしてきた。村落結合のありようも、歴史の中で大きく変容を遂げてきた。第二次大戦以降のベトナム村落を対象に、村落結合の歴史的意義と、グローバル世界におけるその役割を考える。

苗代つくりを工夫し、日射量の少ない春期にも安定した稲作を行う。ベトナム紅河デルタ村落にて。

タケ製のバスケットを向かい合わせにひもで結び、リズムよく水をくみ上げる。人力よるこの灌漑方法はタットヌオックと呼ばれ、労働集約的な技術ではあるが、やっている本人たちはおしゃべりしながら楽しい時を過ごす。ベトナム紅河デルタ村落。

  • 1. Yanagisawa, M.; and Nawata, E. 1996. “Development of field crops in Thailand: A case study in Saraburi and Lopburi Provinces”. Southeast Asian Studies 33: 588-608
  • 2. Yanagisawa, M.; Kono, Y.; Nawata, E.; and Sakuratani, T. 1999. “Changes in village-level cropping patterns in the Red River Delta after doi moi: A case study of the Coc Thanh cooperative in Nam Dinh Province, Vietnam”. Japanese Journal of Tropical Agriculture 43(3): 170-180
  • 3. Yanagisawa, M. 1999. “An interdisciplinary study of a rice growing village: History and contemporary changes”. In Towards an ecoregional approach for natural resource management in the Red River basin of Vietnam, edited by Kinh, N. N.; Teng, P. S.; Hoanh, C. T.; and Castella. J. C. pp.147-159. Hanoi: The Agricultural Publishing House.
  • 4. Kono, Y.; Yanagisawa, M.; and Dang The Phong 1999. “Village-level irrigation systems in the command area of the Nam Ha 1 Irrigation Scheme”, In Towards an ecoregional approach for natural resource management in the Red River basin of Vietnam, edited by Kinh, N. N.; Teng, P. S.; Hoanh, C. T.; and Castella. J. C. pp.161-182. Hanoi: The Agricultural Publishing House.
  • 5. Yanagisawa, M. 2000. “Fund-raising activities of a cooperative in the Red River Delta: A case study of the Coc Thanh cooperative in Nam Dinh Province, Vietnam”. Southeast Asian Studies 38: 123-141
  • 6. Yanagisawa, M.; Nawata, E.; Kono, Y.; and Hung, B. T. 2001. “Status of vegetable cultivation as cash crops and factors limiting the expansion of the cultivation area in a village of the Red River Delta in Vietnam”. Japanese Journal of Tropical Agriculture 45(4): 229-241
  • 7. Yanagisawa, M.; and Kono, Y. 2001. “Changing roles of cooperatives in agricultural production in the Red River Delta; A case study of the Coc Thanh cooperative in Nam Dinh Province”, In Vietnamese society in transition; The daily politics of reform and change, edited by Kleinen, J. pp. 3-22. Amsterdam: Het Spinhuis Publishers.
  • 8. 柳澤雅之. 2001. “東南アジアのデルタにおける作付体系の展開-ベトナム紅河デルタの作付体系から-”, 『熱帯農業』45(5): 316-319
  • 9. Kono, Y.; Yanagisawa, M.; and Dang The Phong 2002. “Quản lý cộng đồng các hệ thống thủy lợi ở châu thổ sông Hồng, Việt Nam”, In Các nhà Việt Nam học nước ngoài viết về Việt Nam tập 2, edited by Phan Huy Lê. pp.323-334. Hanoi: Nhà xuất bản thế giới.
  • 10. 柳澤雅之. 2003. 「地域研究と村落調査」『東南アジア史別巻―東南アジア史研究案内―』池端雪浦ら(編)pp.111-116. 東京: 岩波書店.
  • 11. Yanagisawa, M. 2003. “Agricultural intensification and diversification in the Northern mountains region of Vietnam”, In Cultural diversify and conservation in the making of mainland Southeast Asia an Southwestern China regional dynamics in the past and present, edited by Hayashi, Y.; and Thongsa, S. pp.379-393. Bangkok: Amarin Printing and Publishing Public Company Ltd.
  • 12. DiGregorio, M.; Rambo, A. T.; and Yanagisawa, M. 2003. “Clean, green, and beautiful: Environment and development under the renovation economy”, In Postwar Vietnam: Dynamics of a transforming society, edited by Hy Van Luong. pp.171-200. Maryland: Rowman & Littlefield Publishers, INC.
  • 13. Yamada, K.; Yanagisawa, M.; Kono, Y.; and Nawata, E. 2004. “Use of natural biological resources and their roles in household food security in Northwest Laos”, Southeast Asian Studies 41: 426-443
  • 14. Sakurai, K.; Kawazu H.; Kono Y.; Yanagisawa M.; Le Van Tiem; Le Quoc Doanh; Dangthaisong N.; and Trinh Ngoc Chau 2004. “Impact of agricultural practices on slope land soil properties of the mountainous region of Northern Vietnam: A case study in Bac Ha District, Lao Cai Province”, Southeast Asian Studies 41: 503-518
  • 15. 柳澤雅之. 2004. 「ベトナム紅河デルタにおける農業生産システムの変化と合作社の役割」『東アジア農村の兼業化―その持続性への展望』年報村落社会研究40: 247-268
  • 1. Yanagisawa, M. 2004. “Development process of cash crops in the Northern mountains region of Vietnam: A case study in Moc chau District of Son la Province, Vietnam”, In Ecological destruction, health, and development: Advancing Asian paradigm, edited by Furukawa, H.; Nishibuchi, M.; Kono, Y.; and Kaida, Y. pp.467-479. Kyoto: Kyoto University Press.
  • 17. 柳澤雅之. 2004. 「山と平野、水と土 -二大デルタの自然と農業-」『現代ベトナムを知るための60章』今井昭夫・岩井美佐紀(編著) pp.74-80. 東京: 明石書店.
  • 18. Dao Minh Truong; Kono, Y.; and Yanagisawa, M. 2005. “Dynamics of land cover-land use in villages of the Vietnam Northern mountain region: Impacts of human activities”, International journal of Geoinformatics. 1(1): 165-170
  • 19. 柳澤雅之(代表執筆者)2006. 『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 20. 柳澤雅之. 2006. 「いま、なぜフィールドワークなのか?」『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 21. 柳澤雅之・小川さやか. 2006. 「フィールドでインタビューする」『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 22. 柳澤雅之. 2006. 「分野を超えて考える」『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 23. 柳澤雅之. 2006. 「事例研究」『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 24. 柳澤雅之. 2006. 「一般的なモデルの構築に向けて」『京大式フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編, NTT出版.
  • 25. 柳澤雅之. 2007.「(生態関連特集1)まえがき」『ベトナムの社会と文化 第7号』ベトナム社会文化研究会編 pp.161-163. 東京: 風響社.
  • 26. 桃木至郎(代表編集)、小川英文、クリスチャン・ダニエルス、深見純生、福岡まどか、見市健、柳澤雅之、吉村真子、渡辺佳成、監修(石井米雄、高谷好一、立本成文、土屋健治、池端雪浦)2008.『新版 東南アジアを知る事典』平凡社
  • 27. Nghiem Phuong Tuyen, and M. Yanagisawa. 2008. “Qua trinh phat trine mang luoi thi truong tai mot huyen vung nui phia bac viet nam,” In Thoi ky mo cua nhung chuyen doi kinh te – xa hoi o vung cao viet nam (Socio-economic changes in the time of open in Vietnam highland), edited by Sikor, T., Sowewine, J., Romm, J., and Nghiem Phuong Tuyen. pp. 117-133. Hanoi : Nha xuat ban khoa hoc va ky thuat.
  • 28. 柳澤雅之. 2009. 「東南アジア生態史」『東南アジア史研究の展開』東南アジア学会(監修)東南アジア史学会40周年記念事業委員会(編集)pp.156-171.東京 : 山川出版社.
  • 29. Dao Minh Truong; Kono, Y.; and Yanagisawa, M.; Leisz, S.J.; and Kobayashi S. 2009. “Linkage of forest policies and programs with land cover and land use changes in the Northern Mountain region of Vietnam: A village-level case study”, Southeast Asian Studies 47: 244-262
  • 30. Stephen J.Leisz; Kono, Y.; Fox, J.; Yanagisawa, M.; and Rambo, T. 2009. “Land use changes in the uplands of Southeast Asia: Proximate and distant causes”, Southeast Asian Studies 47: 237-243
  • 31. 柳澤雅之. 2012. 「自然科学分野の地域研究-地域情報の限定性を克服するために-」『地域研究』第12号第2巻:pp.116-130 昭和堂
  • 32. 柳澤雅之・河野泰之・甲山治・神崎護(編). 2012.『地球圏・生命圏の潜在力―熱帯地域社会の生存基盤―』京都大学学術出版会
  • 33. 柳澤雅之・河野泰之・神崎護・甲山治. 2012.「熱帯生存基盤の再構築-地球圏・生命圏と人間圏の相互作用系-」『地球圏・生命圏の潜在力―熱帯地域社会の生存基盤―』pp.1-17. 京都大学学術出版会
  • 34. 河野泰之・神崎護・柳澤雅之・甲山治. 2012. 「地球圏と生命圏をケアする社会に向けて」『地球圏・生命圏の潜在力―熱帯地域社会の生存基盤―』pp.317-322. 京都大学学術出版会
  • 35. 柳澤雅之. 2012. 「ベトナムの森林」『地域から読む現代-グローバル化のなかの人々と社会』京都大学地域研究統合情報センター編. 晃洋書房. pp.122-125
  • 36. 柳澤雅之. 2012. 「山と平野、水と土 -二大デルタの自然と農業-」『現代ベトナムを知るための60章(第2版)』今井昭夫・岩井美佐紀(編著) pp.78-84. 東京: 明石書店
  • 37. 柳澤雅之. 2012. CIAS Discussion Paper No.25.「フィールドノートを地図に載せる」『情報災害遺産と創造的復興-地域情報学の知見を活用して-』、京都大学地域研究統合情報センター、pp.127-129.
  • 38. 柳澤雅之. 2012. CIAS Discussion Paper No.25.「フィールドノート「アチェ国際ワークショップ記録」」『情報災害遺産と創造的復興-地域情報学の知見を活用して-』、京都大学地域研究統合情報センター、pp.130-138.
  • 39. 柳澤雅之(編著)2013. CIAS Discussion Paper No.30.『情報をつなぐ、世界をつかむ-地域情報学から変わる地域研究』京都大学地域研究統合情報センター
  • 40. 柳澤雅之. 2013. 「趣旨説明-地域情報学と地域研究」CIAS Discussion Paper No.30.『情報をつなぐ、世界をつかむ-地域情報学から変わる地域研究』京都大学地域研究統合情報センター、pp.4-5.
  • 41. 柳澤雅之. 2013. 「フィールドノートの利用可能性-」CIAS Discussion Paper No.30.『情報をつなぐ、世界をつかむ-地域情報学から変わる地域研究』京都大学地域研究統合情報センター、pp.28-34.
  • 42. 塩谷昌史・家田修・柳澤雅之(編著). 2013. JCAS Collaboration Series 6『地域研究と自然科学の協働-広域アジアの地域研究を例に-』地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・北海道大学スラブ研究センター
  • 43. 柳澤雅之. 2013. 「刊行にあたって-古くて新しい課題、文理融合」JCAS Collaboration Series 6『地域研究と自然科学の協働-広域アジアの地域研究を例に-』地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・北海道大学スラブ研究センター、pp.3-4.
  • 44. 柳澤雅之. 2013. 「コメント」CIAS Discussion Paper No.31.『洪水が映す対社会-災害対応から考える社会のかたち-』、山本博之・西芳実(編著)、京都大学地域研究統合情報センター、pp.29-30.
  • 45. 柳澤雅之 2013.「桜井先生とバッコック研究」『一つの太陽オールウェイズ』桜井由躬雄著 めこん
  • 46. 柳澤雅之. 2014. 「土地とその改変」『ものとくらしの植物誌 東南アジア大陸部から』落合雪野・白川千尋編、臨川書房、pp.56-70
  • 47. 柳澤雅之. 2014.「ベトナム国境域」『国境と少数民族』落合雪野編、めこん、pp.33-41
  • 48. 柳澤雅之. 2014.「漢人・地方政府と結びついた農業生産」『国境と少数民族』落合雪野編、めこん、pp.95-104
  • 49. 柳澤雅之. 2014.「ベトナムと中国の国境域」『国境と少数民族』落合雪野編、めこん、pp.105-133
  • 50. 藤田幸一・柳澤雅之・大野明彦. 2014. 「市場経済移行下ヴェトナム紅河デルタの行政と農村社会-2011~12年現地調査に基づく試論-」『青山国際政経論集』第92巻、pp.1-43.
  • 51. 柳澤雅之 2014. 「地域情報学プロジェクト」『Seeder種まく人 地域環境情報から考える地球の未来』10号. 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所(2014年3月31日発行)pp.88
  • 52. 柳澤雅之. 2014.「地域のコンパス-ベトナム紅河デルタの自然を読む-」CIAS Discussion Paper No.38.『世界のエスキス-地域のカタチを読み解き、地域像を描き出す-』谷川竜一(編著)、京都大学地域研究統合情報センター、pp.5-9.
  • 53. 桜井由躬雄・Nguyen Thi Phuong Anh・柳澤雅之(編). 2014. CIAS Discussion Paper No.43.『Lịch Sử Hình Thành Cư Dân Đô Thị Hà Nội(ハノイ都市形成史)』、京都大学地域研究統合情報センター
  • 54. 柳澤雅之 2014. 「フィールドノート・プロジェクト」『Seeder種まく人 地域環境情報から考える地球の未来』11号. 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所(2014年12月15日発行)pp.14-22.
  • 55. 柳澤雅之. 2015. 「巻頭言 社会と学問、あるいは成果主義と地域研究」、JCAS Collaboration Series 11『地域から研究する産業・企業-フィールドワークとディシプリン-』川上桃子・塩谷昌史・柳澤雅之編 地域研究コンソーシアム・京都大学地域研究統合情報センター・日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、pp.3-4.
  • 56. 柳澤雅之・高田百合奈・山田太造. 2016. 「地域情報学の読み解き-発見のツールとしての時空間表示とテキスト分析-」『地域研究』第16号第2巻 昭和堂 pp.267-291.
  • 57. 柳澤雅之. 2016. 「多様性から読み解く地域像-ベトナム紅河デルタの自然と人の関わり」『衝突と変奏のジャスティス』谷川竜一・原正一郎・林行夫・柳澤雅之(編著)、青弓社、pp212-226.
  • 58. 福田宏・柳澤雅之(編). 2016. 『せめぎあう眼差し-相関する地域を読み解く-』(CIAS Discussion Paper Series No.56)京都大学地域研究統合情報センター
  • 59. 黒木英充・塩谷昌史・柳澤雅之(編). 2016. 『JCAS公開シンポジウム報告書「境界・境域への挑戦と『地域』」 JCAS Collaboration series No.13 (2016年3月発行)
  • 60. 柳澤雅之. 2016. 「巻頭言 喫緊の課題を考える枠組みとしての地域研究コンソーシアム」黒木英充・塩谷昌史・柳澤雅之(編)『JCAS公開シンポジウム報告書「境界・境域への挑戦と『地域』」』、京都大学地域研究統合情報センター
  • 61. 柳澤雅之 2016.「生態環境資源の利用とその変化」アジア農村研究会『アジア農村研究会の回顧と展望 および第23回調査実習 南インド広域調査報告書』pp73-166
  • 62. Dao Minh Truong, Masayuki Yanagisawa, Yasuyuki Kono. 2017. “Forest transition in Vietnam: A case study of Northern mountain region,” Forest Policy and Economics. 76 (2017) 72-80. 
  • 63. 谷川竜一・原正一郎・林行夫・柳澤雅之(編)2016. 『衝突と変奏のジャスティス』青弓社
  • 64. 桜井由躬雄・Nguyen Thi Phuong Anh・柳澤雅之(編). 2017. CIRAS Discussion Paper No.71.『Lịch Sử Hình Thành Cư Dân Đô Thị Hà Nội: Pường Đội Cấn, Quận Ba Đình(ハノイ都市形成史‐Ba Đình区Đội Cấn坊)』、京都大学東南アジア地域研究研究所
  • 65. 柳澤雅之. 2017. 「東南アジア大陸部の生態史」山本信人(監修)・井上真(編著)『東南アジア地域研究入門1環境』、慶応義塾大学出版会、pp23-44
  • 66. 河瀬彰宏・柳澤雅之(編著)、2017. CIRAS Discussion Paper No.72.『日本民謡の地域間比較研究に向けて:西海道・山陰道・山陽道の地域性』、京都大学東南アジア地域研究研究所

  • 1. フィールド・データベース・プロジェクト
        第二次大戦後、海外学術調査が盛んとなり、さまざまなフィールドノートが研究者によって記録された。これらの資料から、かつての生態環境や生業体系を知り、その歴史的変遷を理解する一助とするためのプロジェクトを進めている。これまで、京都大学東南アジア研究センター(当時)に長らく在籍した高谷好一氏のフィールドノートの記録を地図上で可視化させたデータベースを構築している。
    http://archiving.jp/~yurina/fieldnote/app/
  • 2. ベトナム村落研究プロジェクト
        ベトナム紅河デルタの一村落を対象に、1994年以降継続する総合的村落研究プロジェクト。当初は、東京大学桜井由躬雄教授によって進められたが、氏の逝去により、2013年以降は、有志による研究プロジェクトが進められている。多様な情報を収集しているが、特筆すべきは、1995年以降のほぼ5年ごとに実施してきた、一集落の全世帯を対象とした社会経済調査であり、これは現在も継続され、長期の定点調査として重要な価値を持ってきた。将来的には、他の地域における同様の長期定点調査を比較研究し、長期村落比較研究を試みる。

  • アジア農村研究会
        大学院生や若手研究者が中心のボランティア団体で、その主要な目的は、アジア各地においてフィールドワークを実施することにある。フィールドワークの目的は、自分とは専門分野も対象地域も異なる環境下でのアカデミックな経験を積むことにあり、事前の勉強会や現地での調査手法の習得と課題の発見など、研究に準じた高度な内容となっている。
    http://anoukai.com/