拠点形成

CORE to CORE: 新興ASEAN諸国の移行期正義と包括的経済発展に関する研究交流

新興ASEAN 諸国のための社会構想を目指して

今、東南アジアの潜在力に世界が注目しています。2015 年には域内の経済統合に向けてASEAN 経済共同体が発足し、今後ますます域内相互依存と、同地域と世界との政治経済関係は深まっていきます。しかしながら、ASEAN 諸国への楽観的な将来予想の一方で、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスといった新興のASEAN諸国は、不公正で不平等な政治経済発展経路をたどるリスクに直面しており、今後の発展をより公正で平等なものにする構想力が、研究機関をはじめとした市民社会に求められています。そこで本事業は、京都大学東南アジア研究所がリーダーシップをとって、日本国内の研究機関、新興ASEAN 諸国(特にカンボジアとミャンマー)の研究機関および、すでに中所得国となったタイの研究機関との学術交流を通じて、新興ASEAN 諸国にとってより望ましい政治経済発展を支える社会構想の検討と提示を目指します。


新興ASEAN諸国の移行期正義と包括的経済発展に関する研究交流

 

CORE to CORE: アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点

研究