坂本 龍太 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

坂本 龍太

職名: 准教授

MAIL: sakamoto65 [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

環境共生研究部門

専門分野

フィールド医学

研究関心

・ブータン王国における地域高齢者ケア
・人間の生活環境下に潜むレジオネラ症の感染源
・高地で暮らす高齢者の健康状態と生活の質
・水銀暴露のもたらす健康への影響




ブータン王国における地域高齢者ケア
ブータンにおいて、持続可能な地域在住高齢者の健康診査、及びその後のフォローアップを中心とした包括的なヘルスケア・システムを創出することを目的とする。社会の高齢化は世界的に進行しており、地球上で1950年の時点で5%ほどであった65歳以上の人口は2009年までに8%弱になり、2050年までに16%ほどになると推測されている。ブータンもその例外ではない。ブータン王国保健省の報告によれば、ブータンの0歳児の平均余命は2005年に66.3歳 (女性66.8歳、男性65.6歳) であり、65歳以上の人口が2005年の29745人 (4.7%) から2030年までに58110人 (6.6%) に倍増すると試算している。日本の場合、65歳以上の人口は1940年 (昭和15年) の4.7% から伸び続け、2010年 (平成22年) 9月15日の時点で23.1%という超高齢社会となった。ブータン政府は1961年以降5年毎に国の5カ年計画を作成してきたが、高齢者に対する保健対策はまだ手つかずの状態である。本研究では、ブータン王国保健省と協力してブータン東部のカリン地区において往診を含めた高齢者健診を経年的に実施している。世界中で得られた最新の知見に基づきながら、現地で住民とともに持続可能で地域に即した健診・ケア体制を創り上げていく。

人間の生活環境下に潜むレジオネラ症の感染源
レジオネラ・ニューモフィラは重症市中肺炎の主要な原因菌の一つである。近年、レジオネラ尿中抗原キットの普及に伴い報告数が増加している。しかし、その感染源が、特に孤発例で、不明であることが多い。我々はレジオネラ・ニューモフィラが特に温かい時期に路上の水たまりから容易に分離されることを明らかにしてきた。レジオネラ・ニューモフィラは水たまりから空気中に飛散しうることを考えると、我々がこの菌に日常的に暴露されている可能性を示唆するものである。レジオネラ症による死亡を減らすためには、肺炎患者を診た際に、旅行や入浴施設などを利用歴がなくてもレジオネラ症の可能性を排除しないことが重要であり、人間の生活環境下に潜む感染源に注意を払う必要がある。

高地で暮らす高齢者の健康状態と生活の質
人間は、酸素を、気道から肺にある肺胞に取り込み、血液中のヘモグロビンに結合させ、心臓のポンプ作用により、食物の代謝物とともに全身を循環させ、細胞中のミトコンドリアへ送り、ATP (アデノシン三リン酸)という形で活動に必要なエネルギーを作り出す。酸素は言うまでもなく人間が生きる上で必須のものであり、標高の変化が人体に与える最も大きな影響は酸素分圧の低さによるものであろう。低地に住む我々が高地に行くとき、吸入酸素分圧は、低地を100%とすると、標高とともに低下し、海面レベルに比べ3千メートルでは約7割に低下することが知られている。生まれてから長い年月高地に暮らしてきた高齢者の健康状態は低地で暮らす我々と比べどのように異なるのか。包括的機能評価を行い、適応方法やその負の側面など様々な面から検討している。機能面だけでなく生活の質についても研究している。

水銀暴露のもたらす健康への影響
西ヌサ・トゥンガラ州にて流産及び無脳症、小頭症、水頭症、ヒルシュスプルング病などの先天性疾患が多数報告されており、小規模金採掘に伴う水銀汚染の影響が危惧されている。現地からの要請に基づき、Mataram大学、秋田大学、病院、小規模金採掘現場、妊産婦、その他住民と協力しながら慎重に研究を進めていく。

    著書

  • 1. 坂本龍太『ブータンの小さな診療所』、pp. 1-195. ナカニシヤ出版、京都市. 2014年
  • 2. 坂本龍太「チベットに暮らす人々の老いと高所環境」池口明子、佐藤廉也(編著)『身体と生存の文化生態』pp. 159-174. 海青社、大津市. 2014年
  • 3. Tsukihara T and Sakamoto R. A village in the sky in Ladakh. In Okumiya K (ed.) Aging, Disease and Health in the Himalayas and Tibet. pp. 103-131. Rubi Enterprise, Dhaka, Bangladesh. 2014
  • 4. 坂本龍太、奥宮清人「健康・疾病」総合地球環境学研究所(編著)『地球環境学マニュアル2』pp.88-89. 朝倉書店、東京都. 2014年
  • 5. 坂本龍太「高所と酒」、奥宮清人編『生老病死のエコロジー 続 ヒマラヤとアンデスに生きる身体・こころ・時間』pp. 225-227. 昭和堂、京都市. 2013年
  • 6. 月原敏博、坂本龍太.「天空の村、ラダーク-チベット文化に生きる健康と幸福」、奥宮清人編『生老病死のエコロジー-チベット・ヒマラヤに生きる』pp. 111-145. 昭和堂、京都市. 2011年
  • 7. 中原俊隆、里村一成、岩永資隆、野網恵、犬塚裕章、日下慶子、坂本龍太、原野和芳. 北川定謙監修、中原俊隆編集『衛生法規の要点 保健・医療に従事する人のために』(2010年版) 日本公衆衛生協会、東京都. 2010年
  • 8. 坂本龍太「ラダックの人々の「幸せ」とは」. 『山と自然に魅せられて』. 山岳科学ブックレット, 3. pp.94-96. オフィスエム、長野市. 2009年
  • 9. 坂本龍太「心肺蘇生」衞藤隆、中原俊隆編『学校医・学校保健ハンドブック』pp. 516-521. 文光堂、東京都. 2006年
  • 10. 中原俊隆、里村一成、岩永資隆、坂本龍太、野網恵. 北川定謙監修、中原俊隆編集『衛生法規の要点 保健・医療に従事する人のために』日本公衆衛生協会、 東京都. 2005年

 

    主要論文

  • 1. Sakamoto R, et al. Detection of Legionella species from rainwater on roads in Bhutan. Himalayan Study Monographs 2017; 18: 80-86.
  • 2. Sakamoto R, et al. Sleep quality among elderly high-altitude dwellers in Ladakh. Psychiatry Research 2017; 249: 51-57.
  • 3. Sakamoto R, et al. Health and happiness among community-dwelling older adults in Domkhar valley, Ladakh, India. Geriatrics & Gerontology International 2017; 17: 480-486.
  • 4. Sakamoto R, et al. Legionnaire’s disease, weather and climate. Bulletin of the World Health Organization 2015; 93: 435-436.
  • 5. Sakamoto R, et al. Oxidized low density lipoprotein among the elderly in Qinghai-Tibetan plateau. Wilderness & Environmental Medicine 2015; 26: 343-349.
  • 6. Sakamoto R, et al. Predictors of difficulty in carrying out basic activities of daily living among the old-old: a 2-year community-based cohort study. Geriatrics & Gerontology International 2016; 16: 214-222.
  • 7. Sakamoto R, et al. Legionella pneumophila was isolated at high altitude in Tibetan plateau. High Altitude Medicine & Biology 2014; 15: 209-210.
  • 8. 坂本龍太. ブータン王国におけるVillage Health Worker. ヒマラヤ学誌 2012; 13: 242-253.
  • 9. Sakamoto R, et al. Subjective quality of life among the community-dwelling elderly in Bhutan compared with those in Japan. Journal of the American Geriatrics Society 2011; 59: 2157-2159.
  • 10. Sakamoto R, et al. Comprehensive geriatric assessment of elderly highlanders in Qinghai, China, III: oxidative stress and aging in Tibetan and Han elderly highlanders. Geriatrics & Gerontology International 2009; 9: 352-358.
  • 11. Sakamoto R, et al. Is driving a car a risk for Legionnaires’ disease? Epidemiology & Infection 2009; 137: 1615-1622.
  • 12. Sakamoto R, et al. Legionella pneumophila in rainwater on roads. Emerging Infectious Diseases 2009; 15: 1295-1297.
  • 13. Sakamoto R, et al. A patient with Legionnaires’ disease transferred after a traffic accident. BMJ Case Reports 2009 bcr09.2008.0893.
  • 14. Sakamoto R, et al. Second-hand smoke in restaurants after enforcement of a Health Promotion Law in Japan. Journal of Public Health Policy 2007; 28: 156-161.
  • 15. Sakamoto R, et al. Hospitals’ measures against passive smoking. Tobacco Counters Health 2006; 4: 23-27.