清水 展 | 東南アジア地域研究研究所

清水 展

職名: 名誉教授・連携教授

MAIL: shimizuh [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

社会共生研究部門

専門分野

文化人類学・フィリピン研究

研究関心

① 草の根グローバリゼーションの動態 ② アメリカの影の下の自己形成に関する日比の比較研究




① 草の根グローバリゼーションの動態
総人口の約1割、1千万人が海外への移住・出稼ぎ労働者として生きるフィリピンを事例として、貧困層や周辺民族におけるグローバリゼーションの動態を考察する。

② アメリカの影の下の自己形成に関する日比の比較研究
フィリピンと日本におけるアメリカの政治・軍事・文化的ヘゲモニーの作用について比較考察する。

  • 清水展 2003『噴火のこだま:ピナトゥボ・アエタの被災と新生をめぐる文化・開発・NGO』九州大学出版会
  • 清水展 2013『草の根グローバリゼーション:世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』京都大学出版会
  • 清水展・木村周平(編著)2015『新しい人間、新しい社会:復興の物語を再創造する』京都大学学術出版会
  • 清水展 2017 「サステナビリティーからエリアケイパビリティー(AC)へ: 地域資源の活用によるダイナミックな社会発展をめざして」石川智士・渡辺一生(編)『地域と対話するサイエンス―エリアケイパビリティー論』勉誠出版

  • 科研基盤A・代表清水「応答の人類学:フィールド、ホーム、エデュケーションにおける学理と技法の探求」(2016〜2020)
  • 科研挑戦的研究・代表清水「自文化の民族誌への挑戦:生まれ育った横須賀から日本文化・社会を再考する」(2017〜2019)