清水 展 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

清水 展

職名: 名誉教授・連携教授

MAIL: shimizuh [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

環境共生研究部門

専門分野

文化人類学・フィリピン研究

研究関心

先住民のグローバリぜ−ション





先住民のグローバリぜ−ション
1980年代末に東西冷戦が終結し、90年代からはグローバル化が急速に進行した。その草の根レベルへの影響と、それへの住民の対処を理解するために、1998年から北ルソン山地の山奥の先住民イフガオのハパオ村でほぼ毎年のフィールドワークを開始した。  ハパオ村は、先の大戦末期に山下将軍麾下の日本軍主力部隊が3か月立てこもった。1970年代後半から10年ほどは、共産党=新人民軍が実効支配を続けた。そんな山奥の村から、過去20年ほどで人口の約1割、180人余りが30カ国へと海外出稼ぎに出るほどにグローバル化してきた。調査でその背景を明らかにした。 出稼ぎの収入・仕送りは、子供の教育費や家屋の新築などのほか、伝統儀礼の復活と盛大な挙行をもたらした。村人は社会経済的にグローバルなネットワークを動くと同時に、ローカルな伝統文化を再興し、「グローカル」な新しい人間となってきた。その経緯を詳細に分析し、草の根のグローバル化のダイナミズムを解明した。

  • 清水展 2003『噴火のこだま:ピナトゥボ・アエタの被災と新生をめぐる文化・開発・NGO』九州大学出版会
  • 清水展 2013『草の根グローバリゼーション:世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』京都大学出版会
  • 清水展・木村周平(編著)2015『新しい人間、新しい社会:復興の物語を再創造する』京都大学学術出版会
  • 清水展 2017 「サステナビリティーからエリアケイパビリティー(AC)へ: 地域資源の活用によるダイナミックな社会発展をめざして」石川智士・渡辺一生(編)『地域と対話するサイエンス―エリアケイパビリティー論』勉誠出版
  • SHIMIZU, Hiromu, 2017, “Reflections on the `Anthropology of Response-ability` through Engagement:A Long and Winding Road from Field Work to Ethnography, Commitment, and Beyond”, Japanese Review of Cultural Anthropology, Vol.18, No.1. pp.5-36.
  • SHIMIZU, Hiromu 2019 /Grassroots Globalization: Reforestation and Cultural Revitalization in the Philippine Cordilleras/, Kyoto University Press & Transfacific Press, pp.457.

  • 科研基盤A・代表清水「応答の人類学:フィールド、ホーム、エデュケーションにおける学理と技法の探求」(2016〜2020)
  • 科研挑戦的研究・代表清水「自文化の民族誌への挑戦:生まれ育った横須賀から日本文化・社会を再考する」(2017〜2019)