NEWS

大阪府立三国丘高校スーパーグローバルハイスクール 多様な考え-グローバルな場でのコミュニケーションのために ~映像から東南アジアの現状を学ぶ~

日時: 2018年3月7日 9:30 – 13:00
場所: 京都大学東南アジア地域研究研究所(稲盛財団記念館3階会議室)
講師: 河野泰之、佐久間香子、和田理寛
内容: 映像から東南アジアの現状を学ぶ

活動報告:

スーパーグローバルハイスクール(SGH)プログラムの一環として、大阪府立三国丘高校への講義を行い、43名の生徒が参加しました。全体オリエンテーションのあと、グループに分かれてドキュメンタリー映像を鑑賞し、それに関する講義と学生主体のグループ・ディスカッションを行いました。今回取り上げたドキュメンタリー映画は、ミャンマーの貧困と環境問題をテーマにした作品『Vein』(Visual Documentary Project 2016出品)や、マレーシア南部の大都会ジョホールバルで海に依存した生活を続ける先住民セレタール人の一家の生活を追った作品『しらさぎ』(Visual Documentary Project 2017出品)などです。最後に全体ディスカッションの場を設け、グループごとに映像や議論の内容を発表したあと、生徒一人一人に英語で感想を述べて頂きました。