研究所について

所長あいさつ

  2017年1月1日付で、東南アジア研究所と地域研究統合情報センターは統合し、東南アジア地域研究研究所として再出発しました。これまで両部局を支えてくださったみなさまにあらためてお礼申しあげます。
 世界は大きく動いています。グローバル化の進行が政治や経済のしくみを再編しつつあります。ICTを中心とする科学技術の進歩にはめざましいものがあります。同時に、地球環境の不安定化や少子高齢化、紛争やテロ、新興感染症など、人類社会の基盤を揺るがしかねないリスクにも直面しています。新研究所では、人類社会のより健全で持続的な成長に貢献するために、50年を超える東南アジアに関する総合的研究の成果と世界諸地域を対象とした地域情報の蓄積、アカデミズムを超えた研究の拡がりを統合し、これまで以上に幅広い研究分野の協力を得て、フィールドからの発想、多様な地域社会の活力を導き出す構想、自然環境と調和した人類社会を目指す展望を、世界にむけて発信、提言してゆきたいと考えています。
 東南アジア地域研究研究所は、教員35 名、客員研究員やポスドク研究員約70名、研究支援スタッフを合わせると150 名を超える大所帯となります。全員で力を合わせて前進してゆきたいと思います。みなさ
まには、なにとぞ、これまで以上のお力添えをいただきますよう、心よりお願い申しあげます。

京都大学東南アジア地域研究研究所
所長 河野 泰之

研究所のめざすもの

東南アジア研究所と地域研究統合情報センターは、2017年1月1日をもって統合し、東南アジア地域研究研究所として再出発しました。

20世紀、とりわけその後半、人類社会は、科学技術の進歩に精力を注ぎこみ、市場経済を世界の隅々にまで浸透させて、急速な経済成長を実現しました。一方で、現代社会を見渡してみますと、この成長のほころびが、地球環境の劣化、化石資源の枯渇、未解決の貧困問題、人口の高齢化と少子化、再発する感染症、民族・宗教対立、さらにテロの蔓延等として、世界諸地域で現れています。20世紀の発展の牽引力が21世紀の問題群の要因となりつつあります。これら諸問題は相互に関連しており、個別の問題への対症療法には限界があります。問題解決のためには、学際・統合型の研究が求められています。同時に、急速なグローバル化の進行は、これらの問題を、閉じられた地域社会を前提として考えるのではなく、グローバルに開かれた地域社会を前提として考えることを要請しています。これらの複雑化する地球規模の課題解決を克服する社会発展の指針を提示するためには、既存の地域区分や専門分野の枠組みを超えた新しい研究体制の構築が不可欠と考えました。

新研究所では、地域社会の総合的理解に留まっていた地域研究から一歩踏み出し、地域社会の総合的理解を踏まえた地域社会へのcommitmentを強化するとともに、地域社会からグローバルな人類社会への知の還流を促し、グローバルな人類社会にインパクトを与えうる共有知を地域社会の多様なrealityを踏まえて構築することを目指していきます。人文・社会科学を中核に据えた地域社会の多様な成長の実現に資する学際研究を強化して、複雑化する地球規模の課題解決を追求していきます。そのためには、今まで以上に多様な研究分野、多様な発想、多様な知見をもった人材と議論を繰り返し、より多様な知を結集することが最も重要であると考えています。

世界の諸地域を視野に入れつつも中心は東南アジアです。東南アジアは、グローバル化を積極的に推進して急激な経済成長を実現しつつもありますが、必ずしも、いわゆる市場原理が貫徹する社会ではないことを私たちのこれまでの研究は明らかにしてきました。多様な民族、宗教、文化によって構成され、それらがコンフリクトを生んでいますが決定的な対立は起こらず共存していること、感染症や自然災害が頻繁に発生しますが、強靭なレジリアンスを発揮していることも明らかにしてきました。このような東南アジア社会のrealityは、21世紀の人類社会を考えるうえで、私たちに豊かな示唆を与えてくれると思うからです。

必ずしも先が見通せているわけではありません。この挑戦を意義あるものとしていくためには、みなさまからのご指導、ご鞭撻やみなさまとの協働が不可欠です。これまでのご支援に感謝申し上げるとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます。

東南アジア地域研究研究所・所長
河野泰之

 

  • 複雑化する地球規模の課題解決
  • 人文・社会科学を中核に据えた学際研究の強化
  • 地域社会の多様性を踏まえた成長への貢献

超学際共同研究の推進

  • 国家を超えて課題に取り組むコミュニティを形成
  • 地域の多様性に即した生命中心の科学へ転換
  • 地球環境と調和した社会イノベーションの創出
  • 世界諸地域の情報資源の共有化と利活用

 

研究所の歩み

社会貢献

日本と世界が直面する課題に取り組むため、研究成果を日本社会と現地社会に広く還元する。社会との対話から生まれたアイディアを研究活動に反映させ、双方向交流を深めて知識を普及し、情報技術を活用し、英語と現地語で現場の当事者と専門家を繋ぐさまざまな活動を行なう。

教育

地域の課題に取り組む学際・国際的な研究や議論の場を内外の若手研究者に提供し、ポスドク研究者の招へいや、アジア・アフリカ地域研究研究科はじめ、学内の複数の研究科における大学院教育に携わり、英語による学部教育にも協力する。

Participants at the regional parliament, Yangon

組織図

研究部門

 京都大学東南アジア地域研究研究所の研究活動を中核となって支えているのは、相関地域、政治経済共生、社会共生、環境共生、グローバル生存基盤の各研究部門です。各研究部門は、それぞれ、主として自然科学、人文学、社会科学に立脚した研究を推進しています。

相関地域研究

 研究資源開拓から研究成果公開に至る地域研究方法論の確立

メンバーリスト

政治経済共生研究

 個々の地域に即した政治的・経済的発展のための戦略に資する研究の推進

メンバーリスト

社会共生研究

 多元共生に着目した人間社会研究の推進

メンバーリスト

環境共生研究

 地球圏、生命圏とのかかわりのなかで人間社会研究を推進

メンバーリスト

グローバル生存基盤研究

世界諸地域の生存基盤の相互参照によるグローバル生存基盤研究の推進

メンバーリスト

 

 その他、学術ネットワークを強化するために、海外連絡事務所(バンコク、ジャカルタ)、国内外の客員研究部門、地域研究企画推進室、持続型生存基盤研究推進室、実践型地域研究推進室を設置しています。また大学院教育を組織的に担うためにアジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア地域研究専攻において総合地域論講座を運営しています。これらの研究・人材育成活動を円滑に推進するために研究支援室を設置しています。

 

協力講座

  • 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻総合地域論講座
  • 大学院医学研究科 社会健康医学専攻 環境生態学/フィールド医学
  • 大学院医学研究科 医学専攻 病原細菌学/フィールド医学

ユニット活動

  • 京都大学アジア研究教育ユニット
  • 人間の安全保障開発連携教育ユニット
  • グローバル生存学大学院連携ユニット
  • Future Earth研究推進ユニット
  • ヒマラヤ研究ユニット
  • 学知創生ユニット
  • ヒトと自然の連鎖生命科学研究ユニット
  • グローバル生存基盤展開ユニット
  • 社会科学統合研究教育ユニット
  • 熱帯林保全と社会的持続性研究推進ユニット

日ASEAN協働による超学際生存基盤研究の推進

  • ASEAN研究プラットフォーム
  • グローカル情報ネットワーク
  • 超学際生存基盤研究