目次

東南アジアセミナー

    京都大学東南アジア地域研究研究所では1977年以来毎年、主に東南アジアおよびその周辺地域の学術的研究に関心を持つ学部生、大学院生や大学卒業者を対象として受講者を募り、東南アジアセミナーを実施しています。毎年テーマを掲げて、所内外から講師を集め、講義と討論という形で進めています。当初、「夏季セミナー」とも呼ばれ、1980年代までは夏季に2週間にわたって実施していました。その後5日間のプログラムとなりました。1990年代後半になると、国内の大学や民間のセミナー等様々な形で類似のプログラムなども増えるなかで、トピックの選定、受講者の参加形態などに様々な工夫をしながら、継続してきました。時代のニーズにあった形のセミナーを模索するなかで、第33回(2009年)を京都にて英語で実施したのを契機に、第34回(2010年)以降は東南アジア現地の大学と連携し、受講者もグローバルに公募し、海外で開催するようになりました。

セミナーサイト