目次

2019年

・佐久間 香子

北海道地理学会優秀論文賞

受賞年月:2019年6月
受賞対象となった研究課題名等:「『生』を満たす活動としての狩猟──ボルネオ内陸部における現在の『森の民』に関する一考察」(『地理学論集』89(1): 45-55. 2014年)


・Theara Thun

National University of Singapore Wang Gungwu Medal and Prize for the Best PhD Thesis in the Social Sciences/Humanities

受賞年月:2019年8月
受賞対象となった研究課題名等:PhD thesis on “Bangsavatar: The Evolution of Historiographical Genres of Colonial Cambodia”


・藤本 穣彦

平成31年度 クリタ水・環境科学研究優秀賞

受賞年月:2019年8月
受賞対象となった研究課題名等:カンボジア王国プレック・トノット川における多国間電力開発灌漑計画の現状評価


・伊藤 雅之

水文・水資源学会論文賞

受賞年月:2019年9月
受賞対象となった研究課題名等:

勝山正則, 伊藤雅之, 大手信人, 谷誠. 「森林流域に存在する渓畔湿地内の水文生物地球化学的過程とその表流水質に与える影響」
(『水文・水資源学会誌』 31: 178-189. 2018年)


・Hau Caroline

Best Book on Literary Criticism/Literary History in English, the 38th National Book Award of the National Book Development Board of the Philippines and the Manila Critics Circle

受賞年月:2019年11月
受賞対象となった研究課題名等:Interpreting Rizal : Did Padre Damaso Rape Pia Alba? Reticence, Revelation, and Revolution in Jose Rizal’s Novels/Daydreaming about Rizal and Tetcho- On Asianism as Network and Fantasy (Ateneo de Manila University Press, 2018)


・花 暁波

第17回留日中国人優秀論文賞-京都市長賞

受賞年月:2019年11月
受賞対象となった研究課題名等:

Xiaobo Hua, Yasuyuki Kono, Le Zhang, Erqi Xu, Renshan Luo. “How Transnational Labor Migration Affects Upland Land Use
Practices in the Receiving Country: Findings from the China-Myanmar Borderlands.” (Land Use Policy 84: 163-176. 2019)


・堀江 未央

第8回名古屋大学石田賞

受賞年月:2019年11月
受賞対象となった研究課題名等:現代中国におけるヨメ不足の連鎖と少数民族女性の婚姻移動に関する研究


・中山 大将

第9回地域研究コンソーシアム登竜賞

受賞年月:2019年11月
受賞対象となった研究課題名等:『サハリン残留日本人と戦後日本――樺太住民の境界地域史』(国際書院、2019 年)

2018年

・岡本正明

第33回 大同生命地域研究奨励賞

受賞年月:2018年7月
受賞対象となった研究課題名等:「インドネシアの民主化・自由化がもたらす政治変容の多面的側面の研究」
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:
http://www.daido-life-fd.or.jp/business/presentation/encouragementaward/5010


・西渕光昭

Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award

受賞年月:2018年
受賞対象となった研究課題名等:各専門分野で世界的に著名な業績を上げた人物を記録する米国の紳士録2018 年度版(Marquis Who’s Who in the World 2018)から特に優れた人物(3%)として選出


・西渕光昭

Cefas (Centre for Environment Fisheries and Aquaculture Science)
Honorary Emeritus Fellowship Award 

受賞年月:2018年
受賞対象となった研究課題名等:ヒト病原性Vibrio 属菌の専門家として、EU の指定機関と協力し安全な二枚貝の生産およびシーフードの貿易の促進に貢献した。また技術移転、菌株分与、および長年にわたる若手研究者の教育を通しCefas に多大な貢献を行ったとして選出


・Caroline S. Hau

Best Book of Literary Criticism/Literary History in English, The 37th National Book Award of The National Book Development Board and the Philippines and the Manila Critics Circle

受賞年月:2018年
受賞対象となった研究課題名等:Elites and Ilustrados in Philippine Culture (Ateneo de Manila University Press, 2018)

2017年

・清水展

第107回 2017年日本学士院賞

受賞年月:2017年6月
受賞対象となった研究課題名等:『草の根グローバリゼーション─世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』(2013)
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/award-shimizu/


・奥宮清人, 坂本龍太, 木村友美, 藤澤道子, 和田泰三, 松林公蔵

第4回アジア・太平洋登山医学会/第37回日本登山医学会合同学術集会最優秀賞

受賞年月:2017年6月
受賞対象となった研究課題名等:Glucose intolerance by interaction between hypoxia adaptation and lifestyle change in highlanders in Tibet Plateau


・和田泰三

Best Reviewer Award 2016, Geriatrics and Gerontology International

受賞年月:2017年
受賞対象となった研究課題名等:Review of the paper submitted to Geriatrics and Gerontology International (Impact factor 2.351) in 2016


・Caroline S. Hau

Best Anthology (Bilingual) , The 36th National Book Award of The National Book Development Board and the Philippines and the Manila Critics Circle

受賞年月:2017年
受賞対象となった研究課題名等:Remembering/Rethinking EDSA (JPaul S. Manzanilla との共編、Anvil Publishing Inc., 2016)


・川本佳苗

第3回国際媽祖文化学術大会優秀論文賞

受賞年月:2017年
受賞対象となった研究課題名等:「神佛融合看媽祖信仰」(張凱との共著)


・伊藤雅之

The 18th Ecological Research Paper Award

受賞年月:2017年3月
受賞対象となった研究課題名等:“Integrating isotopic, microbial, and modeling approaches to understand methane dynamics in a frequently disturbed deep reservoir in Taiwan”
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:http://www.esj.ne.jp/er/ERAward/18th/index.html#ER2017f

2016年

・茅根由佳

日本科学協会2016年度笹川科学研究奨励賞

受賞年月:2016年
受賞対象となった研究課題名等:『新興民主主義国インドネシアにおける経済ナショナリズムの台頭――エネルギー政策の事例から』
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/shoureishou/shoureishou28.html


・山本博之

2016年度(第6回)地域研究コンソーシアム賞 研究企画賞

受賞年月:2016年11月
受賞対象となった研究課題名等:「災害対応の地域研究」プロジェクトおよび地域研究叢書シリーズ「災害対応の地域研究」(全5巻、京都大学学術出版会)の刊行
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:http://www.jcas.jp/about/awards.html


・松林公蔵

第68回保健文化賞

受賞年月:2016年10月
受賞対象となった研究課題名等:本邦ならびに東南アジアにおけるフィールド医学の構想と実践による業績


・西渕光昭

タイ王国プリンス・オブ・ソンクラ大学 (PSU) 名誉博士号(理学博士[微生物学専攻])

受賞年月:2016年10月
受賞対象となった研究課題名等:PSU理学部の研究チームの魚介類中の感染性細菌に関する研究に対する多大なる貢献、功績、および実りある協力


・下條尚志

2016年台湾・東南アジア学会全国大会 最優秀論文賞

受賞年月:2016年10月
受賞対象となった研究課題名等:Local Politics in National Border-Crossing between Southern Vietnam and Cambodia: The Mobility in the Mekong Delta after the Cold war


・三重野文晴、岡本正明

第32回大平正芳記念賞(大平正芳記念財団主催)

受賞年月:2016年10月
受賞対象となった研究課題名等:『金融システム改革と東南アジア−長期趨勢(すうせい)と企業金融の実証分析』 三重野文晴(教授)、『暴力と適応の政治学−インドネシア民主化と地方政治の安定』 岡本正明(准教授)


・村上勇介

2016年度(第31回)大同生命地域研究奨励賞

受賞年月:2016年7月
受賞対象となった研究課題名等:「ペルーを中心とするラテンアメリカの政治動態の研究」に対して
受賞者ならびにこの賞に関する詳細:http://www.daido-life-fd.or.jp/news/#news_4884


・中山大将

日本農業史学会賞

受賞年月:2016年3月
受賞対象となった研究課題名等:『亜寒帯植民地樺太の移民社会形成―周縁的ナショナル・アイデンティティと植民地イデオロギー』(京都大学学術出版会、2014年)
書籍詳細:http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?isbn=9784876984824