NEWS

【受賞】坂本准教授と山田特定研究員および、インドネシア大学のEnjeline Hanafi(精神科医師)らが学会で発表したポスターがベストポスター賞を受賞しました。

坂本龍太准教授と山田千佳特定研究員が多角的プロジェクト 「日ASEAN協働による超学際生存基盤研究の推進」で行っている研究に関し、インドネシア大学の共同研究者のEnjeline Hanafi(精神科医師)が、アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)の国立薬物乱用研究所(National Institute on Drug Abuse:NIDA)が主催した国際学会でベストポスター賞を受賞しました。

“Evidence of Telemedicine from a Developing Country During COVID-19 pandemic —A Virtual Relapse Prevention Program Among a Clinical Sample of Substance-Use Disorder Patients”
Enjeline Hanafi, Kristiana Siste, Chika Yamada, Youdiil Ophinni, Albert Prabowo, Evania Beatrice, Vania Refella, Peter Allison, Toshihiko Matsumoto, Ryota Sakamoto.
Poster presented at the 2021 NIDA International Forum/ College on Problems of Drug Dependence International Research Posters session, Online. June 21-24, 2021.

学会ホームページ:
https://www.drugabuse.gov/international/news/cpdd-international-committee-names-indonesian-telemedicine-research-best-poster