NEWS

外山文子 連携准教授が第19回(2021年度)東南アジア史学会賞を受賞しました。

外山文子 筑波大学准教授、当研究所連携准教授が『タイ民主化と憲法改革―立憲主義は民主主義を救ったか』(地域研究叢書、京都大学学術出版会、2020年)により、第19回(2021年度)東南アジア史学会賞を受賞しました。


東南アジア史学会賞についてはこちらをご覧ください。

外山文子の研究内容については、こちらをご覧ください。