速水 洋子 | 東南アジア地域研究研究所

速水 洋子

職名: 教授

MAIL: yhayami [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

相関地域研究部門

専門分野

文化人類学・東南アジア研究

研究関心

・東南アジアにおけるケア
・東南アジアの家族・ジェンダー
・大陸部東南アジアの民族と宗教
・大陸部東南アジアの山地少数民族




東南アジアにおける高齢者とケア
東南アジア地域は、各国で進度に大きな差はあるものの、一様に高齢化が進んでいる。中でもシンガポールについで高齢人口の割合が高いタイ社会で、どのように高齢者ケアが実践され、高齢者自身はどのように生活しているのか。そのことをタイ社会、特に家族とコミュニテイの動態においてとらえる。その過程は、高齢化先進国の日本と比較して、どのように異なるのか。世界的に人口の高齢化は問題であり各国が取組むべき課題である。

東南アジア大陸部における宗教動態
タイ・ミャンマー国境域において、従来この地域を居住地とする少数民族や、現在の著しい人の移動の波のなかで、国境の両側で信者を集める聖者とその信者コミュニティの関係に着目し、仏教が国の秩序や文化の中心を成す両国において、制度宗教の外縁に位置するこうした宗教運動が、両国における仏教や、宗教社会秩序に対してもつ意味を検証し、制度の外縁から仏教を見直す。

植民地期ビルマにおける少数民族へのバプテスト布教と近代キリスト教宣教
19世紀ビルマにおけるバプテスト宣教が、どのように行われたか、そこに初期改宗を経験したカレン信徒・カレン教会がどのように関わっていたかを歴史資料から追ってみることで、近代キリスト教ミッションの形成に、少数民族を含む現地改宗過程がどのように関与していたかを問う。民族教会の形成や、教会の組織・予算・あるべき改宗や現地信徒の役割の規程がどのように形作られていったか、その検証を通じて、近代における西洋との出会いのダイナミズムやキリスト教とミッションの研究に寄与する。

    単著

  • 2009 『差異とつながりの民族誌 北タイ山地カレン社会の民族とジェンダー』 世界思想社 340頁
  • 2004 Between Hills and Plains: Power and Practice in Socio-Religious Dynamics among Karen.Kyoto and Melbourne: Kyoto University Press and Trans Pacific Press. 385p.

 

    編著

  • 2012 『人間圏の再構築:熱帯社会の潜在力』(講座生存基盤第三巻)(木村周平・西真如と共編)京都大学学術出版会
  • 2012 The Family in Flux in Southeast Asia: Institution, Ideology and Practice (Co-edited with Junko Koizumi, Ratana Tosakul, and Chalidaporn Songsampan) Silkworm Press and Kyoto University Press.
  • 2003 Gender and Modernity in Asia and the Pacific. Kyoto University Press & Trans-Pacific
    Press.(田辺明生・常田夕美子と共編) 

 

    査読付学術誌掲載論文

  • 2018.”Karen Culture of Evangelism and Early Baptist Mission in Nineteenth Century Burma” in Social Sciences and Missions. Vol.31. No.2.
  • 2015. 「仏塔建立と聖者のカリスマ-タイ・ミャンマー国境域における宗教運動」『東南アジア研究』53巻1号68-99頁.
  • 2013. “Seeking Haven and Seeking Jobs: Migrant Workers’ Networks in Two Thai Locales” Southeast Asian Studies. Vol. 2, No. 2, August 2013, pp. 243-283Nobapaon Rabibhadanaと共著
  • 2011. “Pagodas and Prophets: Contesting Sacred Space and Power among Buddhist Karen in Karen State” Journal of Asian Studies.Vol.70 No.4:1083-1105..
  • 2011「序 親子から生のつながりを問い直す ≪特集≫親子のつながりー人類学における親族/家族研究再考」『文化人類学』75巻4号:483-493頁.
  • 2007 “Introduction: Redefining Otherness from Northern Thailand: Notes Towards Debating Multiculturalism in the Region”. Southeast Asian Studies 44(3): 250-274.
  • 2007 “Negotiating ethnic representation between self and other: the case of Karen and eco-tourism in Thailand”. Southeast Asian Studies 44(.3): 385-409.
  • 2007 「家と家をつなぐーバゴー山地カレン焼畑村から」『東南アジア研究』45巻3号359-381頁
  • 2006 「〈特集〉表象・介入・実践:人類学者と現地とのかかわり:序に代えて」『文化人類学』70巻4号473-483頁.
  • 2001 “Within and Beyond the Boundaries: Anthropological Studies on Mainland Southeast Asia by Japanese Scholars” in Japanese Review of Cultural Anthropology Vol. 2. pp.65-104.
  • 2000 “Challenges to Community Rights in the Hill Forests: State Policy and Local Contradictions. A Karen Case.” In Tai Culture: International Review on Tai Cultural Studies. Vol.V, No.2. pp.104-131.
  • 2000 「差異の交差するところ:北タイ山地における民族間結婚」『地域研究論集』3巻2
    号21-35頁 
  • 1999 “Buddhist Missionary Project in the Hills of Northern Thailand: A Case Study from a Cluster of Karen Villages”. In Tai Culture:International Review on Tai Cultural Studies. Vol.IV, No.1. pp.53-76.
  • 1998 「「民族」とジェンダーの民族誌:北タイ・カレンにおける女性の選択」『東南アジア研究』35巻4号852-873頁 
  • 1998 “Motherhood Redefined: Women’s Choices on Family Rituals and Reproduction in the Peripheries of Thailand” in Sojourn. Vol.13 No.2; 1-21.
  • 1997 “Internal and External Discourse of Communality, Tradition and Environment: Minority Claims on Forest in the Northern Hills of Thailand.” 『東南アジア研究』35巻3号558-579頁 
  • 1996 “Karen Tradition According to Christ or Buddha: the Implications of Multiple Reinterpretations for a Minority Ethnic Group in Thailand.” In Journal of Southeast Asian Studies. Vol.27 No.2. pp.334-349.
  • 1994 「北タイ山地における仏教布教プロジェクト:あるカレン族村落群の事例」『東南アジア研究』32巻2号 231-250頁
  • 1993 “To Be Karen and To Be Cool: Community, Morality and Identity Among Sgaw Karen in Northern Thailand.” In Cahier des Sciences Humaines, Editions de l’Orstom: Paris. Vol.29 No.4.
    pp.747-762.
  • 1992 「カレン族における周縁の力と宗教・社会変動――十九世紀ビルマから今日のタイまで」『民族学研究』57巻3号 271-296頁 

 

    編著への寄稿

  • 2016 “Rethinking “Religion” from the Margins.” Co-authored with Tatsuki Kataoka. In Special Issue on “Buddhism, Politics and Modernity in Southeast Asia.” Edited by Justin McDaniel. Kyoto Review of Southeast Asia, Issue 19.
  • 2014 「山地居住カレンをめぐる生命のつながり」落合雪野・白川千尋編『ものとくらしの植物誌』臨川書店 311-330頁
  • 2012 「序:人間圏の再構築に向けて」『人間圏の再構築:熱帯社会の潜在力』(講座生存基盤第三巻)(木村周平・西真如と共著)1-18頁
  • 2012 「生のつながりへ:開かれる親密圏」『人間圏の再構築:熱帯社会の潜在力』(講座生存基盤第三巻)121-150頁
  • 2012 “Introduction: The Family in Flux in Southeast Asia” in Y.Hayami, J.Koizumi, R.Tosakul, and C.Songsamphan eds. The Family in Flux in Southeast Asia. Silkworm: Chiang Mai.pp.1-26.
  • 2012 “Relatedness and Reproduction in Time and Space: Three Cases of Karen across the Thai-Burma Border” in Y.Hayami, J.Koizumi, R.Tosakul, and C.Songsamphan eds. The Family in Flux in Southeast Asia. Silkworm: Chiang Mai. pp.297-316.
  • 2009 「カレン州パアンにおける仏教徒ポー・カレンの宗教実践」林行夫編『<境域>の実践宗教―大陸部東南アジア地域と宗教のトポロジー』京都大学学術出版会539-573頁
  • 2009 「カレンとは誰か-エコツーリズムにみる応答と戦術としての自己表象」窪田幸子・野林厚志編『先住民とはだれか』世界思想社 248-272頁.
  • 2007 “Traversing Invisible Borders: Narratives of Women Between Hills and City”. In Roxana Waterson ed.Southeast Asian Lives: Personal Narratives And Historical Experience (Research in International Studies Southeast Asia Series) , edited by Roxana Waterson, pp.250-274. Ohio University Press and Singapore University Press.
  • 2007 「他者化するまなざしの交錯の中でータイー」『ジェンダー人類学を読む』宇田川妙子・中谷文美(編),.47−73ページ所収. 世界思想社.
  • 2006 「越境する個人:北タイ山地と都市のはざまにおけるカレン女性の語り」田中雅一・松田素二編『ミクロ人類学の実践 ― エイジェンシー/ネットワーク/身体』,150-173ページ所収.世界思想社.
  • 2006 “Towards Multi-Laterality in Southeast Asian Studies: Perspectives from Japan” in Cynthia Chou and Vincent Houben (eds.) Southeast Asian Studies: Debates and New Directions IIAS/ISEAS Series on Asia. Singapore. Pp.65-85.
  • 2004 「タイ・ビルマ国境域の〈カレン〉から見る民族と宗教の動態」加藤剛編『変容す
    る東南アジア社会 民族・宗教・文化の動態』めこん  201-244頁
  • 2003 “The Decline of Founder’s Cults and Changing Configurations of Power: Village, Forest and State among Karen” in Tannenbaum, Nicola, and C.A.Kammerer (eds.) Founder’s Cults. Northern Illinois University: Center for Southeast Asian Studies.  pp.134-158.
  • 2003 「ビルマ・タイ国境域に生きる少数民族」小杉泰他編『アジア新世紀 7巻 パワー アジアの凝集力』岩波書店
  • 2003 “Morality, sexuality and mobility; changing moral discourse and self” in De Lang, Claudio O. (ed.) Living at the Edge of Thai Society: The Karen in the highlands of northern Thailand. Routledge Curzon: London and New York. pp.112-129. 
  • 2002 「黄金の本とカレンの文字―ビルマにおけるキリスト教宣教」杉本良男編『宗教と文
    明化:20世紀における諸民族文化の伝統と変容7』ドメス出版 東京260-277
  • 1999 「「森に生きるカレン」と伝統の創造」山田勇編『森と人のアジア:伝統と開発のは
    ざまに生きる』昭和堂出版 194-217頁
  • 1999 「周縁社会に生きる女性たち:北タイ・カレン」 窪田幸子・八木祐子編 『社会変容と
    女性――ジェンダーの文化人類学』ナカニシヤ出版 94-122頁
  • 1999 「タイ国家の領土におけるカレンの土地権――共同性と伝統の構築」杉島敬志編 『土地所有の政治史:人類学的視点』風響社 201-228頁
  • 1995 「カレン族における秩序と豊饒、男と女」清水昭俊編『洗練と粗野――社会関係を律する価値』東京大学出版会 153-168頁

 

  • 老いを迎える語りの揺らぎ:北タイ都鄙における高齢者ケアをめぐる社会関係の動態 (科研費基盤C 研究代表者2017-2019)
  • 東南アジア大陸部宗教研究の新パラダイムの構築 (科研費基盤A 研究協力者2016-2019)
  • 東南アジアにおけるケアの社会基盤:〈つながり〉に基づく実践の動態に関する研究 (科研費基盤A 研究代表者2013-2015)
  • 東南アジア大陸部における宗教の越境現象に関する研究 (科研費基盤A 研究協力者2010-2012)
  • タイ・ミャンマー国境域移動者の生活実践:少数民族の社会ネットワークと文化再生産 (科研費基盤C 研究代表者 2009-2011)
  • ミャンマー少数民族地域における生態利用と世帯戦略:広域比較に向けて (科研費基盤B 研究代表者2004-2006)
  • 東南アジア大陸部・西南中国の宗教と社会変容-制度・境域・実践 (科研費基盤A 研究協力者2003-2005)
  • ミャンマー北・東部跨境地域における生物資源利用とその変容 (科研費基盤B 研究協力者 2001-2003)
  • フロンティア社会の地域間比較研究 (科研費基盤A 研究協力者 1999-2001)
  • 東南アジア社会変容過程のダイナミクス:民族間関係・移動・文化再編 (科研費基盤A 研究協力者 1999-2001)
  • 個をめぐるミクロ人類学確立に向けての基礎研究 (科研費基盤B 研究協力者 1998-2000)