伊藤雅之 | 京都大学 東南アジア地域研究研究所

伊藤 雅之

職名: 連携准教授

MAIL: itoma [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

研究部門

環境共生研究部門

専門分野

生物地球化学、森林水文学

研究関心

・熱帯地域の各種生態系における物質循環機構の解明
・熱帯林や泥炭湿地の炭素窒素循環に対する人間活動の影響調査
・亜熱帯湖沼における温室効果ガス動態に関する研究




熱帯地域の各種生態系における物質循環機構の解明
インドネシアのスズ鉱山跡地の荒廃地への早生樹種の植樹可能性調査など、荒廃した自然環境の修復に関する調査・研究を進めている。調査結果を有力国際誌に投稿し誌上発表するとともに、植林だけでなくバイオマスの利用により地域住民の経済的な基盤づくりに貢献する調査などを進めている。

熱帯林や泥炭湿地の炭素窒素循環に対する人間活動の影響調査
熱帯泥炭地における物質循環研究を中心に、マレーシアサラワク州・半島マレーシア、インドネシア(リアウ州、中カリマンタン州)での現地調査を行っている。熱帯泥炭湿地林は、膨大な炭素を蓄積し、急速な乱伐や火災、アブラヤシなどへの植林地化が地域の自然環境を大きく変化させるとともに、二酸化炭素排出の増加や煙害等を通じて、地域や全球の環境に対しても非常に大きなインパクトを与えている。

亜熱帯湖沼における温室効果ガス動態に関する研究
台湾中央研究院・フィリピンSanto Thomas大学・総合地球環境学研究所との共同研究(科研費基盤B分担)として、日本(琵琶湖:温帯)・台湾(亜熱帯)・フィリピンの(熱帯)湖沼での温室効果ガス動態の観測を行い、湖沼からの温室効果ガス排出動態についての緯度間比較を気候条件の違いを考慮しつつ検討している。